□ No.56 , 11/12/23 02:52:55 以降
4281: 今年もやります!夏祭り2010!!  From: 如月  on 10/06/22 21:39:05
毎年恒例の「地域交流の広場・姉歯松風会夏祭り」のお知らせです。

今年も石越病院グラウンドと駐車場を会場に
8月5日(木)18:00〜20:00 (開場 17:30)
華々しく行う予定です。

恒例の民謡同好会の皆様をはじめ、
石越金鶏太鼓や栗原秀峰会、清水バンドの出演を打診中。
お楽しみに♪

最近はご当地FM局「H@FM」(はっとFM)
のパーソナルとしてもご活躍の清水バンドさんに、
応援サイトがあるのご存じですか?
ついでにご紹介しておきましょう♪
http://www11.ocn.ne.jp/~com/shimizuband/index.html
4281:  From: katou on 10/06/28 07:39:12
今年も参加して見たいと計画しています。成るべくでしたら声がけして何人かで行ってみたいと思います。

4281:  From: かっちママ on 10/07/08 21:15:59
こんばんは〜
昨日「あしたへ」と一緒に案内が入ってたのを見てました!

晴れるといいですね〜
清水バンド、生で見たいけど〜木曜日なんだもんね〜
私はちょっと考え中かな?

清水バンドがラジオに!!
すごいな〜
4281:  From: ゆうは on 10/07/16 05:52:03
あしたへ・・・届きました
いつも°・:,。★\(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/★,。・:・°

4284: 「あしたへ 夏号」拝受  From: thorn  on 10/08/02 19:58:20
「あしたへ 夏号」届きました!
ありがとうございます。
でも、暑くて活字を読む気力が出ません。
ごめんなさい、カ、感想はまた。。。
紫陽花は枯れて、今は桔梗がきれい。
夕立でも好いから、涼しくなーれ。

そうそう、松風会の夏祭りも5日にありますね。
5日は晴れてください、テルテル坊主さぁん。
4284:  From: 河童 on 10/08/05 00:40:58
すんません。
こちらにもチャンと届いています。

明日は、というか今日は、そちらの夏祭りですね。
皆さんの努力の成果で、きっとまた楽しく、かつ盛況であるよう、天候不安定の折、夕立なんて来ないことを祈っています。
4284:  From: 如月 on 10/08/05 07:58:00
おはようございます。
皆さんの所にちゃんと届いているようで、良かったです♪

夕立、昨日降りましたよ。
降ったらむしろ蒸し暑くなったような。。。(汗)
本日の空、どんよりと曇っております。
これが日差しをさえぎって、
少しでも涼しくなってお売れるといいなあ〜。

若い職員が中心となった実行委員会が、
今日まで力を合わせて作り上げてきた夏祭り。
本日夕、本番です!

なお、今日は喫茶「ベル・エキップ}も19時まで営業。
お祭りの合間にご利用下さいませ。
4284:  From: かっちママ on 10/08/06 18:42:18
毎日暑いですね〜
皆さん、バテてませんか?

夏祭り、行けなかったけど〜後で画像楽しみにしてますね^^
夕立、こっちも欲しいわ・・・
4284:  From: thorn on 10/08/11 20:11:06
雨、降りましたねー。待望の雨。

でも、雨合羽を着なかったので、頭髪から靴下までずぶ濡れになったよぉ。。。。フェックション <<<
4284:  From: 如月 on 10/08/17 07:55:32
ううっ
しかし・・・あづいっ!
国を挙げてのがまん大会してるみたい。。
4284:  From: かっちママ on 10/08/23 09:12:35
ほんとだね〜
一度涼しくなってからの残暑は効くね〜〜

なんだか、((ミ ̄エ ̄ミ)) ボーーーと。。。
だるだる〜〜〜で、なんもしたくない!

雨降って欲しいわ・・
畑もカラッカラッだよ〜〜

4290: ありがとうです!  From: かっちママ  on 10/09/25 19:27:57
あしたへ秋号、届きました。
アルコール症の記事、勉強になりました。
依存症で知り合いのご主人は病院に入院したことあったので〜

ところで、10月3日、ウエルフェアですよね〜〜
来ますか?
かっちは、昼過ぎにステージ発表あります^^
お時間のある方は、見に来てください!
4290:  From: 恵美ママ on 10/09/25 23:20:40
こちらも届きました。
ありがとうございます。
4290:  From: 河童 on 10/09/26 00:30:47
こちらにも届きました♪

私は訪問看護についての記事を興味深く読みました。
どこにも繋がらずに引きこもっている人が、
なんとか良い支援につながるといいなと思いました。
4290:  From: thorn on 10/09/27 08:46:40
thornめも、戴きました。
ご近所にもお分けします。
ありがとうございます。
4290:  From: ゆうは on 10/09/30 09:16:11
こちらにもちゃんと届きました
°・:,。★\(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/★,。・:・°
4290:  From: 如月 on 10/09/30 22:36:04
どういたしまして〜♪
何かのお役にたてれば幸いです。

4289: 今年もやります!なごみの里のお祭り♪  From: 如月  on 10/09/23 16:32:46
毎年、入場者がぐんぐん増え続けている「なごみの里サポートセンター祭」
今年は11月23日に開催が決定しました。
詳しい中身は、決まり次第お知らせします。

それでは11月23日
なごみの里でお会いしましょう!
4289:  From: かっちママ on 10/09/23 16:35:23
去年は行けたんだよね〜
何曜日だろう?どれどれ・・?

o(´^`)o ウー火曜日・・・仕事日だ〜〜σ( ̄∇ ̄;)わたし・・・
4289:  From: 河童 on 10/09/24 00:21:25
一度は行ってみたいな・・・
マジ、行こうかな・・・・
どこかにお泊まり予約すれば、朝から参加できるよね・・・
う〜〜〜〜〜ん・・・・(思案中)
4289:  From: かっちママ on 10/09/24 09:22:38
ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはようさん!
今日はなんと、法人の編集委員会蔵王でやるんです!
おいしい梨をぜひゲットして帰って来たいと思ってます^^

(≧◇≦)エーーー!河童さん、来るの?
会いたいけど〜
病院にお泊りしたら?.・ヘ(。≧O≦)ノ ニゲロー!!
4289:  From: 如月 on 10/09/30 22:33:34
お泊りなら、短期入所もありますが・・・
4289:  From: かっちママ on 10/10/24 15:52:15
短期入所・・ってショートスティ?
かっちも契約しておこうかな〜(⌒▽⌒)アハハ!

昨日は、みちのく湖畔公園で芋煮会でした^^
天気もよく最高だったよ^^v
日ごろの行いがいいと違うな〜
4289:  From: 如月 on 10/10/25 21:17:28
はい、短期入所とはショートステイのことです。
特別支援学校の生徒さんたちも、少しずつ受け入れて行けたら、と思っています。
いざというとき預かってくれるところがあるというのは、大切なことですもんね。

芋煮会のシーズン到来!
さて、あなたの所の芋煮はなにを入れますか?
また、味付けは味噌ですか?醤油ですか?
地域によっても微妙に違うので、興味津々♪
4289:  From: かっちママ on 10/10/30 19:48:49
如月さん、それはいいですね〜
うちもギャオスの入院の時に、法人のレスパイト利用したけど、ショートスティは料金が安いので助かるんです^^;
レスパイト・・・高いのよ〜〜(^^;

芋煮は〜味噌味。
ままあ、ほとんどトン汁だわね・・(*^.^*)エヘッ
山形はしょうゆ味で牛肉なんだよね〜
4289:  From: 如月 on 10/10/31 17:51:29
こう寒くなってくると、鍋物が恋しいなぁ♪
ちなみに、うちでは今晩は水炊きです。

芋煮の芋ですが、里芋、ジャガイモだけかと思ったら、
さつまいもを入れる方もおられるんですよね。
あと、数種類の芋を入れたりとか。
秋田では「鍋っこ遠足」というそうですが、
地域によって呼び名も微妙に違うのかもしれません。
4289:  From: 石山 勲 on 10/10/31 20:55:19
>こう寒くなってくると、鍋物が恋しいなぁ♪

今日、鶏肉のぶつ切りを500グラム買ってきました。
こちら東京でも、鍋を囲みたい感じに急になっています。
4289:  From: 如月 on 10/11/03 18:16:40
おお!そちらでも鶏のお鍋ですか。
いっしょっこですねo(^ー^)o

それにしても、とうとう、こたつと土鍋の活躍する時期がやってきましたね〜。
あと一ヶ月もすれば、もう師走。
こちらでは、木枯らしが吹き荒れてます。
さあ、今晩もお鍋だ♪
4289:  From: 石山 勲 on 10/11/04 16:53:02
東京もサブイです。先日買った鶏肉の鍋が今晩のおかずです。
4289:  From: 河童 on 10/11/06 01:34:55
こちら、色々とあり、シッチャカメッチャカで多忙を極めています。
とても行けそうにない状況で、諦めるしかなさそう。
残念です。
・・・・・でも、そのうち、いつかは。。。。。
4289:  From: 如月 on 10/11/15 07:38:25
皆様同課ご自愛を

4292: 登米市こころのフェスティバル  From: 如月  on 10/11/15 07:45:49
趣旨
「病気や障害種別の枠を超えた交流や、誰でもがかかるこころの病気についての理解を深め、「誰もが安心して暮らせるまち とめ」を目指して自分たちができることを考えましょう。」

1 日 時 平成22年12月17日 (金)
        午前10時30分〜午後3時30分
2 場 所 登米祝祭劇場(水の里ホール)

3 内 容:     <テーマ>
「ハートtoハート〜つなげよう、輝こう、地域の人にとけこもう〜」

第1部・・障がい者社会復帰交流会  午前10時30分〜午後0時40分
・コンサート(清水バンド)と昼食会

第2部・・基調講演とシンポジウム  午後1時30分〜3時30分
「こころを病むってどういうこと〜身近な人ができることを考える」
講師 :東北福祉大学教授 西尾 雅明 先生
・シンポジウム
発表者: 笑いの館四季 理事長 白石弘美 氏
         なごみの里サポートセンター所長 姉歯純子 氏
当事者    佐久間 久 氏
  
◆第1部は登米市当事者の皆様対象、第2部はどなたでも参加可能です◆
◆午後1時からは福祉施設の作品展示・販売 もあります ◆
◆参加費:無料(昼食会に参加する場合は一人400円が必要)◆

登米市福祉事務所生活福祉課障害福祉係 0220−58−5552
東部保健福祉事務所登米地域事務所母子・障害班0220−22−6118
4292:  From: かっちママ on 10/11/15 17:45:10
オオーw(*゜o゜*)w
清水バンドの登場だ!
如月さんも発表あるのですね〜
行ってみたいですが〜発表頑張ってくださいね^^
4292:  From: 如月 on 10/11/17 10:19:43
清水バンドさん、あちこちのイベントに引っ張りだこです♪

4296: 事業仕分け  From: 如月  on 10/12/01 00:34:52
地方行政でも市民公開の事業仕分けを行うところが結構あるようですが、地域によっては相談支援事業がやり玉に挙がり、「縮小」という
結果が出たところもあるそうで。。。
http://www.city.tome.miyagi.jp/gyokaku/gyouseihyoukakekka2.html

・・・・・・なにげに虚しい気もいたします。

4293: なごみの里のお祭り2010 ◇◆ご案内◆◇  From: なごみの里サポートセンター   on 10/11/17 10:20:46
なごみの里サポートセンターです。

いつもお世話になっております。

さて、今年も恒例の『なごみの里のお祭り』を開催するはこびと
なりました。お忙しいとは存じますが、皆様にはぜひご来場賜り
たく、ご案内申し上げます。
今年の内容は主に以下の通りとなっております。

☆日時 11月23日(火) 10:00〜14:00
☆会場 なごみの里サポートセンター

☆メインイベント→ 11:00〜よさこい(若柳一歩一歩の会)
          11:30〜もちつき(ふるまい餅)

☆その他→→→→→ ・お茶席(無料…駅前裏千家茶道教室) 
          ・ベル・エキップ(限定メニューでの営業)
          ・やきいも(無料)
          ・豚汁(100円)
          ・さをり織り体験(300円)
          ・バザー(安いよ!)
          ・りんご販売(500円)
          ・各種出店(石越さくらハウス…手作り作品
                中田ばっけの家…手作り作品
                迫ひまわりハウス…手作り作品
                登米大地…豆腐,油揚げ他
                若葉園…パン)
          ・委託販売(迫桜高校…花,野菜
                中田サンファーム…サンチュ他
                若柳分場…手作り作品)

みなさまのご来場をスタッフ一同お待ちしております!
楽しんでいってください!!

4293:  From: かっちママ on 10/11/25 21:46:57
こんばんは〜
どうだったのかな?
あいにくの雨となったのでは・・?

写真のアップ、待ってますね〜〜
4293:  From: 如月 on 10/12/01 00:24:53
遅くなりました。
PCが変わってから、画像を加工するソフトがわからなくなって。。(涙)
もう、ソフトの進歩にはついて行けない身体になってしまったのでせうか?

さて、
当日は一般来場者135名、関係者やボランティアを含めると200名を優に超えるという状況でした。
昨年はかっちママさんも来て下さったんでしたね〜。
また、お会いしましょう!

4299: 謹賀新年  From: 如月  on 11/01/01 00:05:38
皆様、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。(ぺこり)
4299:  From: 恵美ママ on 11/01/01 01:34:40
今年も穏やかに過ぎますようにと思います〜
4299:  From: 石山 勲 on 11/01/01 10:40:00
おめでとうございます。今年も宜しくおねがいします。今年はアニメ版「幽閉」を高校生が作成してくれるそうで、楽しみにしています。
4299:  From: かっちママ on 11/01/01 16:44:22
昨年は、石越方面行けなかったけど、今年は行けたらいいな^^
どうぞ、よろしくです^^

4302: 「あしたへ」冬号拝受  From: 河童  on 11/01/12 00:42:15
数日も前になりますが、「あしたへ」冬号拝受しました。
今頃のご挨拶で申し訳ありません。

いつも全部に目を通すようにしています。
「家族のこころ構え」(副題:よりよい治療関係をめざす家族と専門家の役割)のページは、家族として心して読みました。
ともすれば誰もが自分の立場でのみモノをいいがちですが、
出来ることを出来る立場で努力するということの大切さを改めて思います。
4302:  From: thorn on 11/01/12 04:23:03
thornめも拝受しました。
いつもありがとうございます。

発言がおとなしくなり、周りからは「疲れてるのスか?」と気づかわれる私ですが、これを老成と信じて、ウサギの年も走り抜け・・・・否、丘の昼寝を楽しみたいと思っております。
4302:  From: ゆうは on 11/01/15 08:02:51
あしたへ・・・こちらも届きました
いつもありがとうございます(ぺこり)
4302:  From: 如月 on 11/01/25 12:52:41
ご連絡ありがとうございます。
この厳冬期を乗り越えれば、いつかは花咲く春も来ると信じて日々を積み重ねている如月でございます。
4302:  From: thorn on 11/01/26 00:25:48
如月さま
この厳冬期を凍死せずに生き延びたなら、春の花咲く丘で乾杯しましょうねっ。約束ですよ。内憂外患なんか飛んでけ〜。。。。

4307: 地震!  From: 河童  on 11/03/09 11:53:05
たった今、地震を感じたのでテレビをつけたら、
震源地は宮城県北部とのこと。
だ、だ、大丈夫かい!
4307:  From: 変酋長S on 11/03/09 12:14:52
11時45分の地震、登米・栗原市では震度5弱という発表でしたが
体感的には震度4ぐらいでした。特に被害はなく、棚から小物が落ちてきた程度でした。問題は免許更新に出かけた如月・・・もろに運転中に地震に遭遇したはずです。
4307:  From: 石山 勲 on 11/03/09 19:58:15
現在のところ、大きな被害が皆さんになくて、よかったですね。
被災者の方には、心よりお見舞い申し上げます。
4307:  From: thorn on 11/03/09 20:06:58
地震、お見舞い申し上げます。
仙台市青葉区は長い揺れに驚かされましたが、被害はありませんでした。
若林区も被害なく、心配した津波も起きませんでした。
泉区も無事でした。
まだ余震も予想されるので、来る宮城県沖地震の前震ではないという、気象庁の報告を信じたいところです。
どなた様も、天災にはご注意を。
4307:  From: 如月 on 11/03/09 21:30:17
皆さま
私、如月めは運転免許センターに向かって運転中でありましたが、ラジオのスイッチを入れたら地震速報が。。。
でも、あんまり揺れている印象はなく、そのまま一路古川に向かって走り続けたのでありました。
でも、自宅も病院もサポートセンターも笋呂弔覆らず、免許更新の講習中も余震が何度かやってくるなど、スリルに満ちた時間で一杯でした。

なお、私、運転中は眼鏡を使用するよう言われ、眼鏡デビューとあいなりましてございます。
えっ、シニアグラス?
いえいえ、今更ながら、生まれつきの遠視がようやく日の目を見たのでありました。
ごくごく最近まで、自分が遠視とは知らなかった如月でございます。

4308: またまた地震  From: 河童  on 11/03/12 00:37:21
それどころじゃない地震に遭遇しているのではないかと懸念しています。
遠く離れてる私の施設でも、帰れないメンバーと職員がでました。
メンバーは私が車で送って行きました。
通常なら20〜30分程度で行けるところが、人間ナビを特技にしてるそのメンバーに裏道を教えてもらって2時間かかった。
帰り道を必死に覚えたよ。
でも帰り道、その裏道をブンブン飛ばして走る車の後だったので、そのままついていったら、畑の真ん中や細道を通ってって、知ってる道に出られ、なんと40分程度で帰宅できた。
職員にはやむを得ず施設の車を貸し出した。
自宅に介護の必要な親を抱えてては、帰らない訳にはいかないので。

皆々様もどうしていることか、気に罹ります。
4308:  From: ミュウタント on 11/03/12 10:12:38
3・11地震・・・成すすべも無い
被災された方々、ごめんなさい、今の私は無力です。
このサイト関係者の方々、ご無事を祈ってます。
4308:  From: 石山 勲 on 11/03/12 19:09:51
宮城県近辺の方、被災者の方、地震お見舞い申し上げます。

私もJR東京駅近くのホテルで、第七回リリー賞表彰式に出席して、地震に被災し、一晩、表彰式会場のホテルの控室で、不安な一晩を過ごし、今日、JRが復旧したので、無事に帰宅しました。
東京の会場でも、地震の揺れは大きく、大変でした。

震源地周辺の方の心の病を、心配しております。

私は寝るときの薬を持っていかなかったので、徹夜して、「リリー賞表彰式の参加者の方と語り明かしました。
お出かけの時は、一日分の服薬物を持っていかれることをお薦めします。今回の経験から・・・。

4310: (無題)  From: gon  on 11/03/12 20:21:54
どうぞご無事で・・祈願

4309: 地震  From: ゆうは  on 11/03/12 19:23:47
↓の如月さんの大丈夫コメントは9日なんで
11日どうなのか・・・・
現在どうされているのか・・・・TVに釘付け状態ですが
よくわかりません・・・・
4309:  From: 恵美ママ on 11/03/12 20:33:40
被害が少ないように願うばかりです。
4309:  From: 河童 on 11/03/12 23:01:00
返事が無いということは、
電気が止まってるか、
または非常な取り込み中で、大変なんでしょうね。
内陸部とはいえ震度は大きかったので、心配です。
4309:  From: 雪城弥生 on 11/03/12 23:26:25
石越病院の皆様、今回の地震の被害に遭われた皆様、
どうかご無事で…!!

私も関東圏内に在住ですが、昨晩は、ろうそく2本で真っ暗闇の中を過ごしました。
水道は使用出来ましたが、電気・ガスが使用できず…不自由な思いを致しました。市内では、街灯も点いていなく、信号機も真っ暗。
ただただ道路に、帰路に着く車が渋滞していて…
歩道にも、ハザードマップ片手に徒歩で家路を急ぐ方々が
あふれていました。
職場は、大きい揺れはあったものの、たいした被害が無かったので、まさかこのような状態になっているとは…!!
びっくり致しました。夕べはTVも見れなかったので、
今朝がた電気が復旧し、TVをつけて更にビックリ!!!
した次第です。
私の彼氏の会社でも、被災地へ支援物資を送る為にトラックを1台出すそうです。でも、通れる道はあるのでしょうか…???
TVの映像を見る限り、陸路は断たれているように見えるのですが…。
海外からも多くの支援が来ているようですが、
どうぞその支援が間に合いますように…!!
4309:  From: 石山 勲 on 11/03/13 07:26:31
この掲示板で知り合った方、他関係者の皆さまのご無事を祈っています。
まだ、東京でも余震があります。

4312: (無題)  From: 団長  on 11/03/14 18:30:05
宮城県仙台市在住団長です。今日電気が復帰。水道・ガスは
未定。

仙台は震度6強
揺れによる被害もすごいのですが、それより津波です。
県内沿岸部では、高いところで10M。
津波があった地域では、数百、数千の死者です。
家も車もすべて流されたようです。

石越病院のある地域は津波は無いと思いますが、震度は一番
高い地域だと思われます(震度7)
4312:  From: 石山 勲 on 11/03/14 18:55:36
団長 様

地震お見舞い申し上げます。

私は東京で、被災しました。お元気で何よりです。
4312:  From: 石山 勲 on 11/03/14 22:41:35
22:40現在、東京は大きな余震はありません。
4312:  From: 河童 on 11/03/14 22:45:51
情報が欲しくて色々と検索したら、2チャンネルにたどり着き、そこで石越周辺の情報を読みました。
読んだ限りのことですから、間違いがあるかもしれませんが、
石越周辺も地震被害があり、避難所も設置されたようですが、宮城県海岸部のような甚大被害ではなさそうです。
(それでも大地震ですから、大変なんだろうとは推測します)
如月さんがお出ましにならないのは、多分色々な対応に追われて、とても忙しいのでしょうね。

かく言う私も、とりあえず水曜日までは施設を閉所することにして利用者全員に連絡し、その後のことはあとでに決定することにしました。
主たる職員が交通手段を絶たれて来れないのが痛いです。
施設長の私が判断せねばならないのですが、全てが流動的で、判断するのに困りました。
明日も職員は交通手段が無いのでお休み。
私はやらねばならない書類作りと、メンバーからの問い合わせ電話対応で施設に待機しなければならないみたい。

結局のところはアヒルの水掻きで、
これほど職員も私も苦労してても、利用者メンバーにどれほど伝わっているのか、わからないです。
4312:  From: 石山 勲 on 11/03/15 05:56:07
如月さん他、他の皆さんのご無事を祈念しております。
余震があったようで、五時頃起きました(未確認)。
大きな余震はありません。こちらは東京です。
4312:  From: ゆうは on 11/03/15 07:17:33
如月さんがかいがいしく動かれてる・・・と思われますね
4312:  From: 河童 on 11/03/15 12:14:00
どうも登米市は、電気の供給が回復していないようです。

私のように通所施設では「お休みです」で済むけど、
入所施設となるとそうもいかない。
ましてや入院している人を抱えているなど、
ご苦労の程がしのばれます。

4314: (無題)  From: 変酋長S  on 11/03/15 18:07:30
携帯でようやく接続出来ました。
当院は無事で患者さんも元気です。業務も通常通り行なっています。ただ調剤薬局の在庫の関係で7日しか処方できません。
今後ネットに入れるようになれば詳しくご報告致します。
以上。
4314:  From: 石山 勲 on 11/03/15 18:16:14
病院が無事で何よりです。
東京では、大きな余震は、現時点ではありません。
4314:  From: 変酋長S on 11/03/15 18:22:11
追伸
停電と断水は続き、自家発電はそろそろ限界です。早く停電が解消されることを願っています。
尚、足りないもののトップはガソリンなどの燃料です。
4314:  From: 石山 勲 on 11/03/15 19:39:19
宮城県の「ハートin宮城」にメールを打ちました。
状況が改善されると良いのですが・・・
4314:  From: 如月 on 11/03/15 20:06:18
皆さま、なんとか生き延び頑張っております。しかし、携帯も通じない状態が続き、ようやく書きこみができるまでとなりました。ただ、これは携帯からなので、あまり書きこむ余裕がありません。ともかく、すべてがマヒしています。行政からの救援はいまのところほとんどありません。ただ、新潟から毎日給水車が来てくれださり、本当に感謝です。県内の精神科病院のなかには、壊滅的な被害をうけたところがいくつもあり、患者さんや職員のみなさんの安否も心配です。でも、情報がほとんどありません。大変な状況であることはたしかです。また、連絡します。それでは。
4314:  From: 石山 勲 on 11/03/15 20:32:35
如月様、お元気で何よりです。
リリー賞を受賞した福祉団体「ハートinみやぎ」にメールを送りましたが、帰られた後かも知れません。
ここのBBSのアドレスも伝えています。
4314:  From: 河童 on 11/03/15 21:53:00
おお、皆様ご無事で何よりです。
ガソリン不足は・・・送って上げられないもんねぇ〜。

かの掲示板で皆さんが心配してますが、
変酋長Sさんや如月さんの書き込みを、きっと読みに来て安心してますよ。
4314:  From: 河童 on 11/03/15 22:05:34
かの掲示板を見られないかもしれないので、ちょっとお知らせ。

昔馴染みさんというネームで後期高齢者になってしまいましたという方からの書き込みがありました。
如月さんなら予測できる方からの書き込みではないかと思います。
きっと、この掲示板も見に来ているのではと思います。

何にも出来ないけど、みんなで応援してます。
4314:  From: 恵美ママ on 11/03/15 23:05:29
明日も冷えそうです。
暖房が届きますように。。
4314:  From: ミュウタント on 11/03/15 23:53:47
ご無事で何よりでした
何もできないけど・・・
輸送網やライフラインの復旧が迅速に進むよう祈ります
4314:  From: 雪城弥生 on 11/03/15 23:55:57
変酋長S様、如月様、
ご無事で何よりです。
本日のニュースでは、やっと東北自動車道がほぼ開通、
そこから海岸線までの道も確保できたとの事。
(NHKでは、まだ大被害地の3箇所までは開通出来ていないと報じていましたが。)
鉄道も、大阪から北陸のほうを上がる路線が開通したとの事。
やっとこれから物資が運べる状態になったのだと思います。
TVでは、悲惨な状況がとめどなく流れておりますが、
どうぞ皆さんの命を救えるだけの物資が早く届きますように…!!
4314:  From: 石山 勲 on 11/03/16 05:58:59
東京でも小さな余震があります。皆さん、お元気で何よりです。
4314:  From: ゆうは on 11/03/16 14:45:22
(*´ー`) ホッ♪
今日はかっちママからもメールが届き一安心というところです。
4314:  From: 河童 on 11/03/16 20:03:44
ゆうはさん、
かっちママさんがどうしてるか心配してたので、
とても嬉しい情報でした。
本当にホッ♪です。

thornさんからも先日メールを頂きました。
グループホームのメンバーも全員無事だそうです。
4314:  From: 河童 on 11/03/16 22:50:02
本当に物資が早く届くよう、インフラが早く回復するよう祈るしかないですよね。
私最近は、何がどうなるか分からないので、携帯の充電器を持ち歩くようにしています。
4314:  From: 恵美ママ on 11/03/16 22:55:31
被災地の皆さん本当に大変だと思うけど
かっちママ良かった。。。
4314:  From: thorn on 11/03/17 00:00:54
みな様にご心配いただいている仙台市のthornです。
私どもの作業所の一つが若林区深沼にあり、今回の津波でおそらく 流されました。おそらくというのは、まだ危険で見に行けないのです。不幸なできごとでしたが、私は感激したことがあります。
地震の直前に通所者の一人が早退して自転車で 帰りました。
地震の発生後、危険だからと、一人の職員が自分の車で追いかけました。
その後、指定避難所に二人で逃げました。しかし、作業所の仲間はもう一箇所の避難所に逃げていたのです。
しかも、その後の津波で避難所の小学校は水没してしまいました。繰り返し襲う余震と迫る津波の中で彼女(24歳勤務して2年目)は通所者と励まし合いながら、死の恐怖に耐えました。
今日の電話で「これからの一日一日を大切に生きれるようになりました。」と明るく笑っていました。
その後2人は自衛隊のヘリコプターに救助され、霞の目から仲間の避難していた、もうひとつの避難所に行き、合流することができました。地震から5日たちましたが、今も避難所暮らしです。
こういう職員が育っていれば、作業所は必ず再建できる。
孤独と恐怖の試練に打ち勝つことで、彼女は並々ならぬ成長を遂げたと思うのです。
4314:  From: 石山 勲 on 11/03/17 06:20:20
お馴染みさんが戻ってこられて、何よりです。現時点では、東京では、大きな余震はありません。
4314:  From: 昔馴染み on 11/03/17 06:34:34
被災地の皆様、
物資不足、電力不足、それに寒さのぶり返しと
想像を絶するご苦労をされていることと思います。
くれぐれも体をいたわり、この国難を乗り切られることを
遠い九州から祈っています。
4314:  From: かっちママ on 11/03/17 13:54:42
皆さん、ご無事で何よりです。。。
うちは、家族全員無事です。

thornさん、荒浜にあった作業所の「まどか」も流されたそうですね。
何人か、かっちの先輩もいるので心配です。
うちも東部道路のおかげで津波から助かりました。
名取川はもう1mくらいで川を越えてきそうだったみたいで、我が家より過ぎた先まで瓦礫の山で畑が埋まっています。

地震も津波も本当に怖かったです。
でも、まだ気は抜けません。
お互い、がんばりましょう!
4314:  From: thorn on 11/03/17 19:17:47
かっちママさま
元気なママさんの書き込みを待っていました。
東部道路を境に地獄だという話は連絡に七郷に行った若い者から聞いていました。
『まどか』も津波に会ったのですね。
みんな逃げていてくれると良いのですが・・・。
ステージで歌っていた彼らの顔が浮かびます。

4314:  From: 石山 勲 on 11/03/17 20:47:44
thornさま、お元気で何よりです。東京でも「計画停電」があって、高齢の両親が困っています。現時点で、東京での大きな余震はありません。
4314:  From: 変酋長S on 11/03/17 20:58:02
本日夕方インターネット回復しました。ただ地震の影響か自宅のネットワークが不調、現時点では如月のPCはネットに入れません・・・。今後復旧に向けて努力します。
尚、16日19時に電力回復、まだ断水中ですが徐々に病院機能は回復しつつあります。また外来ですがガソリン不足などで交通手段を断たれた患者さんが多いため割と閑散としています。ただ避難所に身を寄せた方とか交通手段を断たれて行くことが出来ない方が毎日何名か受診しています。薬剤の輸送手段が十分ではなく、大変申し訳ないのですがせっかく受診しても7日前後しか処方できません。
来週以降外来は多忙になりそうです・・・。
4314:  From: 河童 on 11/03/18 01:04:12
とにもかくにも、被災した方々には申し訳なく思いますが、
私にとってここに来てる皆さんがご無事だったことが何よりの幸せ。
次いで、病院機能が回復しつつあることを嬉しく思います。

どの方も同じ思いだと思いますが、
な〜んにも出来ないけど、応援だけはしています。
4314:  From: thorn on 11/03/18 17:15:37
重ねてご心配をいただいている、仙台市のthornです。
私は14名のグループホームを運営しているのですが、食材が尽きて閉鎖しなければならないかもと、昨夜まで思っていました。3名の職員が行列待ちをして、食糧を集めているのですが、今朝、米櫃が空になり、入居者みんなに、自宅に戻るか、避難所に行ってもらうことになるかも知れない。プロパンガスはあとわずかとなり、灯油は18L缶2つとなったことをお話ししました。
今日になって、大きなスーパーが売り出し、玄米や肉・魚も買うことができました。しあわせです。
GH運営をしている仲間に聞いてみても、みんなが宮城県沖地震の経験から3日間、頑張れば助けてもらえるという予想の防災計画を立てて、食材や水等の備蓄をしていました。今回は3日分を食い延ばして、早や一週間、どこもソロソロ限界が近づいていました。今日、仙台市から連絡が入り、緊急支援のアルファ米を分けてもらえることとなりました。これまで、世話人の個人的な生活技能だけで、10人を超える入居者の生活を支援してきた事業所がほとんどです。明日には、ガソリンが給油できるかも知れない。できると好いな。買い出しも通勤もへとへとだよ。でも、買い出しの途中で「東京都給水車」と書かれた車を見て、うれしくなり、石山さまを思い出しましたよ。沖縄からも救援車が来ているそうで、なんとか生活を守れると勇気を奮い起しています。
GHの入居者は家族の元にはそれぞれの理由から帰れないようで、避難所の雑魚寝もできないと、GHに残りたがっています。
それぞれの方が近所の店にならんで食材を買ってきてくれます。
4314:  From: 石山 勲 on 11/03/18 22:21:26
東京でも、物資が減っています。米、パン、即席めん、乾電池等が買えません。
今日、友人からスーパーではなく、古くからやっている米屋さんで、米は買える、と聞きました。混乱が無い事を、こちらでも起きています。
でも、幸いにも、東京では大きな余震はありません。

4317: (無題)  From: 如月  on 11/03/18 23:46:27
皆様、沢山の応援カキコ、ありがとうございます♪
しかも、お懐かしい方々が何人も書き込んでる!
ホント、涙が出るほどうれしいです。
お元気だったんですね〜(しみじみ)


4319: 送迎サービス再開のお知らせ  From: 如月  on 11/03/20 17:51:52
先週、燃料不足から一時中止していた送迎サービスを再開します。

 開始日 3月22日(火曜日)

 対象者 送迎の利用登録をされている方
     (登録されていない方はお電話や来院時にご相談下さい)
 
 *時間・順路とも今まで通りです。

 お問い合わせ先 「なごみの里サポートセンター」 
         筺。娃横横(35)5055 
4319:  From: 如月 on 11/03/21 21:58:28
石越病院をご利用の方以外でも、お薬が足りなくなってきた方などの診療を行っております。
ただいま、他病院通院中の方も含め、通院困難な方々の為に送迎臨時便を増発できないか、登米市・栗原市と協議中。
需要の把握を行うため、送迎ご希望の方は、まず市かサポートセンターにご相談下さい。
4319:  From: 如月 on 11/03/21 22:03:25
PS.
送迎車両には、相談支援ポレポレのスタッフを同乗させることも検討しております。
この非常時、医療・保健・福祉の連携がうまく機能して、この地域ならではのセーフティネットを作る足掛かりになれば幸いです。

4318: 今までの状況  From: 如月  on 11/03/19 17:01:14
地震被害における精神科病院関連の情報は日本精神科病院協会http://www.nisseikyo.or.jp/等のサイトをご覧下さい。
http://www.nisseikyo.or.jp/home/saigai/0316_1700.pdfに各地の様子が書かれています。宮城県内だけとっても、実際はもっと大変な被害状況と思われますが、沿岸部を中心に、病院機能が維持できないところがいくつもあるようです。
当院でも、被災した病院から10数名の方を受け入れました。あっという間に津波にのみ込まれて何人もの患者さんが亡くなったそうです。
そこまでではなくとも、今回の地震では、内陸部も含め多くの医療機関が、水もない、電気も来ない、電話は使えない、備蓄の非常用食料は3日分だけの状況で、SOSを発信する手立てもほとんどないまま、孤立無援に近い状態で頑張らざるを得ませんでした。
この危機的状況に対し、行政がどのように動いて下さっているのかわからず、非常に不安な毎日を送る日が続きました。行政に出向いてお願いし、給水車が病院に来て下さったときには本当にうれしかったです。登米市の石越支所が給食用食材を提供して下さいました。心から感謝を申し上げます。

また、給水車が来ない私どもの福祉施設では、職員が貴重なガソリンを使って何度も給水所まで行き、何時間も並んで水を汲んでいました。(このあたりは今でも水道は復旧していません)。どこかのガソリンスタンドが空いているという情報があれば、何時間も並んでやっと20〜10リットルのガソリンを手に入れてくるのです。食材だって、人づての情報で開いている店を探し、調達してくるのです。しかし、テレビも見ることが出来ない状態で、入院者や入居者の皆さんは長期化する不自由な生活や食事に対し不満を募らせていきました。これも情報の不足が大きいのかもしれません。でも、このままではスタッフの懸命な努力が報われず、皆、疲弊するばかり。そんな中、ようやく電気が復旧しました。思わず、拍手が湧き、スタッフも利用者も抱き合って喜びました。これでもうすこし頑張ることができる!そう思った瞬間、身体の力が抜けました。

今回被災して痛感したのは、情報の不足です。防災放送も発電装置の燃料がなくなれば使えません。停電中、どこでどのような支援が行われているのか、国や県や市は何をどのように考えどう動いているのか、私には何もわかりませんでした。そのような先の見えない中で、人は不安と戦うしかないのです。ゴールが示されていれば、頑張ることも出来ます。でも、先の見えない真っ暗闇では怖くてたまりません。そうして冷静さや秩序が失われ、自分さえ良ければという考えが蔓延しはじめます。悲しいことです。

でも、私たちは負けません。
スタッフが力を合わせて、この困難を乗り切ろうと駆け回っています。今後はどうか一刻も早く不足しているガソリンや燃料を下さい。医薬品や食料を下さい。行政は目に見える支援をして下さい。現状を直接確認に来て下さい。顔が見えるだけでもほっとするものです。電気もない携帯も使えない環境の事業所に電子メールを送信したところで、読めはしません。孤独や孤立は人の心をゆがめます。
今回の災害を教訓に危機管理のあり方を今一度、見直そうではありませんか。

以上、如月の心の叫びでした。

4318:  From: 如月 on 11/03/19 17:02:46
石越支所から入院中の方の為に食料を頂きました。ありがとうございます。
また、貴重な燃料やお米や野菜をご提供下さった皆様、ありがとうございます。
GHのメンバーに食料を販売している店を教えて下さったり、気を配って下さるご近所の皆様、ありがとうございます。
4318:  From: thorn on 11/03/19 17:03:40
如月さま
おそらく、パソコンに触る時間も余裕もない状態かとご心配申し上げます。仙台市のGHには各区の障害高齢課を通じて緊急物資アルファ米が届きました。タンクローリーが動いています。まだ緊急車両しか給油できませんが。・・。
これからの一週間が最も苦しいところ。泉区のGHでは灯油を盗まれました。今、盗むことは、人の命を盗むに等しい犯罪。助力する力はなくとも、順番を守り、決して火事場泥棒をしてはならないと、自ら戒めています。人の品位が問われる時と思っています。
石越病院のスタッフの皆様の心が折れませんように。
行政はもう少しの助力を。
4318:  From: 河童 on 11/03/20 00:50:20
応援はしてても、何にもできませんので、
せめて一番軽くて、何にでも使えるものを送りたいと思っています。
如月さんもthornさんも、
個人的なメールでもいいですし、ここに書いてもいいですから、
口座番号を教えて下さい。

一番困っているときには、
たとえわずかでも援助してくれる人がいると分かることだけでも、嬉しくなるもんですよ。
そしてそれを利用者に伝えて分かち合うと、喜びが倍になります。
経験済みで実感していることです。
4318:  From: 如月 on 11/03/20 17:38:42
本日、水道が復旧しました。断水の不安はありますが、週明けにはライフラインも安定して来ると思います。ただ、地域内すべての完全復旧はもうすこし先のようです。

thornさん、車からガソリンを抜いたり、スーパーを荒らしたり、物資を高額で販売する人たちがいると聞きます。でも、気持ちよく貴重な物資を提供して下さる人たちもいる。お互い、守るべきものをしっかりと守り抜きましょうね。

河童さん、うれしいお気持ち、ありがとうございます。
そちらも何かと大変な状況なのに。でも、気に掛けて下さる人がいるというのは本当にうれしいもの。心強いです!

今日は県からドラム缶で1000リットルの軽油が届きました。
これを利用者や患者さん、職員の送迎車両に回します。足がないため通院できない方や通勤できない職員が増えています。
治療やケアを必要とされている方にきちんと提供できるよう、病院・サポートセンター一同、全力を尽くします。
4318:  From: thorn on 11/03/20 19:56:17
石越病院スタッフの皆様の健闘に心よりの敬意を表します。
仙台市では、苦しいながらも昨日あたりから真っ暗なトンネルの先に明かりが見えた気がしました。見通しさえ信じられれば、かなりの我慢はできるもの・・・・でも震災以来10日たって経った今も支援の光の見えない人たちもいます。たとえば、心臓病の夫とともにある身障者の妻。ガソリンもなく、病院に連れていくこともできない。水も隣の人から分けてもらっている状態。
そして・・・ああ、今も行方知れずの石巻の知人。どうぞ、生きていて。
私も、この掲示板の皆様の書き込みに助けられました。ホントに、病気も災害も人に助けてもらわなければ、生きられません。
4318:  From: katou on 11/03/21 10:37:53
みなさん、ご無事のようでしたね。

こちらは水道はまだ回復していません。ここの地域だけ隣の市から来ていますのでそちらが回復しないと無理なようでもう少しかかると思います。給水車には歩いて10分くらいのところなので皆で協力し合いペットボトルとタンクを一輪車で持って行きお互いに汲んで来て、分け合っています。井戸はありますが飲み水には使用できませんでした。
こちらは電気が回復してネットが出来るようになったのは16日でしたので温風ヒターも少し早く使えました。「石油は地震の前に18リッター買ってきたばっかりで助かりました。」
特に携帯が使えるようになったのが同じくらいだったので知り合いや友達の安否確認取りをやっていました。
陸前高田の友達が音信不通なのを心配しています、
thornさんのところの作業所の利用者とスタッフ良かったですね。

私のように常に貧困の生活をしていると楽ですね。炊事は石油コンロとミニボンベですし、煮炊きには困りませんでした。後はバイクと車ですが主にバイクで移動していました。それに今、新聞屋さんに朝と夜は貸し出しをして今月の新聞料金はチャラになりました。まだ少しガソリンとか食料が不足していますので車も少し大事に使いたいし、サポートにも少し使いたいと思っています。こんな時、本当に人の繋がりが一番大事ですし、本当の助け合いが生きてきます。
倒れた戸棚や壊れた瀬戸物等は隣の旦那と何時もの飲み友達が直ぐ様子を見に来てくれて、台所と茶の間は片付けて頂き、茶の間を寝る所にして寝袋に包まって休んでいます。
初めの頃はカーナビのワンセグで情報を知り、ライトは100円ショツプで買ったLEDのライトが長持ちして単1の電池ですがまだ残っています。

今日は夜の食事のうどんも煮ましたのでバイクで猫達の食事を飼いに行って来ようと思っています。


http://9126.teacup.com/kanako/bbs「てんかん何でも談話室」
     災害後の抗てんかん薬
4318:  From: 如月 on 11/03/21 16:38:52
thornさん
こちらも食料がなかなか調達できません。スタッフはどんどん疲弊していきます。行政に支援を要請しました。

katouさん
ご無事でなによりです。
スタッフが訪問したときご不在だったので、心配していました。
まずは良かったです。
4318:  From: thorn on 11/03/21 18:23:08
katouさま
ご無事で良かった。
にゃんこさんもご無事でよかった。
たくましいkatouさまだから、きっと生き抜くだろふと信じておりました。
4318:  From: 河童 on 11/03/23 01:06:17
katouさま
読んでて思わず「たくましい!」と感嘆しました。

私もね、貧乏性でして、
また、なんでもボタン一つで出来るという電気に依存した生活に危険性を感じてて、
我が家も暖房は石油コンロ、給湯は小型湯沸かし器、お風呂は電気を使わないバランス釜なので、計画停電して3時間も暗闇でやることがないのには閉口するけど、支障なしで生活できます。
オール電化の高層マンションなどは大変なんだべな〜と想像しています。
日頃の生活姿勢がものを言いますね。
4318:  From: thorn on 11/03/28 19:31:03
thornです。
わたしども「NPO法人みどり会」は、津波で流失した「みどり工房若林」を利用者たちの希望を基に、再興することを決めました。ほかの作業所との合併も検討しましたが、「もとの仲間が集える場所を」という利用者の声に従うこととしました。
それにつけても、人的被害がなかったことは天佑です。
近くの知的の作業所「まどか」さんではスタッフ1名がなくなられました。ご冥福を祈ります。
4318:  From: 如月 on 11/03/28 21:19:41
こちらは近隣のスーパーに品物が入り始めています。
最近になって、カップラーメンが貴重品であることを知りました。

さて、このスレッドも長くなりました。
この先は別スレを立ち上げて下さい。

4321: 医療・保健・福祉に関する情報  From: 如月  on 11/03/25 10:18:23
ACT全国ネットワーク:

被災地精神科病院情報http://assertivecommunitytreatment.jp/ph/


被災地地域精神保健福祉活動http://www.comhbo.net/cr/
4321:  From: 如月 on 11/03/28 08:16:18
震災と津波で壊滅した地域と同様、原発事故で町や病院や施設を棄てなければならなかった地域もまた、死の町と化しています。福島の精神科病院の情報もよく読んで下さい。
今回の災害の全貌が少しずつ明らかになっていくにつれ、呆然とするしかないような現実が見えてきました。
4321:  From: thorn on 11/03/28 19:25:03
如月さま
福島県の精神科病院はほとんどが機能しなくなっているではないですか。
現在入院中の方の世話もお薬・水・ガソリン・灯油・食糧・スタッフ等の不足のため、最早、数日しか続けられない状態ですね。
患者から見れば、どこに行ったら、診察やお薬の処方をしてもらえるのか、まるで分らない状態ですね。
4321:  From: 如月 on 11/03/28 22:07:23
福島県浜通りの支援が遅れているという報道がありますが、実際にどれだけひどい状況か、情報を読んでいくとおぼろげながらわかります。
どうかみなさま、この未曾有の大災害がもたらしている想像を超えた現実を、まずはしっかりと知って下さい。
4321:  From: 河童 on 11/03/29 00:06:07
つい昨日のことですが、私の古い古い友人が嫁いで岩手県宮古市にいて被災し、避難所生活していることが、友人ネットワークから連絡が入って知りました。
やはり今回私はピンポイントで支援することにした。
4321:  From: 雪城弥生 on 11/03/29 17:53:50
福島県では、原発の件で、まだ避難指示が出ていなかった
30キロ圏内でも、物資が滞っていました。
ガソリン給油車も、「原発が恐いから」と供給に来てくれないと
現地の方々は嘆いておられました。
孤立しているところにこそ、支援が必要なのに、
そこへ物資を届ける手立てがない…。

上記HPを拝見致しましたが、
「ACT全国ネットワーク」「NPO法人コンボ」
「国立精神保健研究所社会復帰研究部」とも、
さすがに、ボランティアの派遣はしていないようですし、
福島県HPを拝見しても、個人からの物資は受け入れ拒否
との事ですし…
江頭2:50さんのように、自らトラックを運転し、
現地へ物資を運ばない事には、
孤立しているような被災地に物資を届けることは不可能なのか!
と悲しくなってしまいます…。
4321:  From: 如月 on 11/04/01 00:02:27
自分も被災者の一人なのだろうと思いますが、もっと大変な方々が沢山おられる事実を伝えるのは、比較的軽い被害ですんだ者のつとめでしょう。
地震も津波もさしたる影響がなかったのに、突然避難することになった原発関連の避難者の方々。精神科医療の担い手からも本当に胸の痛む情報が入ってきています。
いろんな意味で宮城は前線基地になるのかもしれません。
どうか皆様、他人事とは思わないで下さい。
いつ、このような悲劇が自分の身に降りかかるかは、神にしか解りません。


4323: 石越病院/なごみの里サポートセンター情報  From: 如月  on 11/03/26 16:34:48
■石越病院
 3月26日は職員の交通手段などの問題で休診としますが精神科救急体制で対応予定、27日は休診とします。なお、平日は通常取り診療。他病院受診困難な方の診療も行っています。
 病院売店ではおにぎりや軽食の販売を再開しました。

■なごみの里サポートセンター
<相談支援事業ポレポレ>
 現在、電話や訪問で安否確認や生活上の相談、治療や受薬に困ってい
る方への情報提供などを行っています。
 フリースペースも開放しています。

<就労支援施設すてっぷ>
 28日から通常通り就労訓練再開。一般の方の洗濯(ドライクリーニングはできません)も受け付けます。
 宅配弁当、まもなく再開します。
 病院売店の運営を開始しました。

<入所施設すけっとホーム>
 ケアホームはボイラーの故障により当分の間入浴できませんが、グループホームや病院の協力を得てもらい湯をしています。ケアホームの入居については順番待ちですが、体験やショートステイは出来ます。ただ、出来れば事前に相談支援事業等につなげておいて下さるとありがたいです。
 グループホームについても、まずは相談支援事業等につなげておいて頂けるとありがたいです。
4323:  From: 如月 on 11/03/27 08:11:30
■病院デイケア
3/14(月)より一部臨時プログラムに置き換えて提供しています。

■病院作業療法
3/18より主に入院者対象に臨時スケジュールで月〜金提供している。

*病院もボイラーが壊れており、現在修理依頼中ですが、入院者の入浴に支障を来しています。
4323:  From: 如月 on 11/03/28 21:13:41
ケアホーム「てんまり」と病院のボイラー修理ですが、他のボイラーから部品を外してつけかえ、現在、入浴出来るようになりました。
そのため、台所の流しなどで温水が出ないなどの状態となりましたが、日常生活には大きな支障はないと思います。
ただ、給湯設備の完全復旧には1ヶ月以上かかるそうです。
4323:  From: かっちママ on 11/03/28 21:57:43
それぞれの施設ごとにできることを一生懸命努力してるのがうれしいですね〜
利用者さんも家族も安心ですね^^

私も明日から、かっちの送迎バス出ることになりました〜と作業所から電話がありました。
まだまだガソリン入れるの大変だけど、みんなきっと頑張ってくれたんだね^^

ガスはまだ復旧してないので、お弁当持参ですが、かっちも喜んでます^^
私も仕事の時、かっちだけ一人でおいていってる間に余震とか心配だったので、これで安心できます。
4323:  From: 河童 on 11/03/29 00:08:36
かっち君も元気で作業所に通ってるのね。
よかったねぇ〜

うちも明日から弁当屋の営業再開です。
4323:  From: 雪城弥生 on 11/03/29 17:59:44
少しづつ病院機能が回復しているのですね。
まだまだ大変なことばかりでしょうけれど、
メゲないでください!!
応援しています!!!
4323:  From: 如月 on 11/04/01 00:04:54
皆さん、応援ありがとうございます。
おかげさまで、4/1より若柳の老人家庭の宅配弁当が再開。
また、4日より近隣の宅配弁当も再開します。
4323:  From: thorn on 11/04/01 23:04:54
如月さま
  
被害が大変に大きかったのに、とても素早い立ち直りに驚かされます。
関係者のみな様が懸命に復旧された結果ですね。
みな様、ありがとうございます。
4323:  From: 河童 on 11/04/02 00:44:19
本当に土台だけ残ったんですね。

thornさん、口座番号を教えてくださいな。
あなたがどう使おうと、それは貴方が重要と思ったものなのでしょうから、何の文句もいいません。
だから、ピンポイントで寄付させて下さいよ。
この画像の施設復旧に使ったとしても、それは信頼しているthornさんが判断して使ったものだと、私は思って納得しますよ。
4323:  From: 如月 on 11/04/02 08:32:45
以前の日常に少しでも早く近づけたいですよね。
いつまでも震災の影響を感じながら生活するのは、誰にとっても辛いと思うんです。
居場所がなくなったために体調を崩しつつあった方が、居場所が復旧していくとともに落ちついてくるのがよくわかりました。
如月のところは、強い揺れで引き起こされた被害が中心ですが、津波や原発など復旧に時間のかかる被害を受けた地域は、本当にお辛いことでしょう。
元気を取り戻したところから、今度は支援する側に回りたいと思っております。
4323:  From: thorn on 11/04/02 10:58:40
河童さま
そのお気持ちが涙が出るほど、うれしいです。
写真と証言で、被災報告のホームページを法人として作る計画があります。
その時に義捐金の振り込み口座を明示して、全国に協力をお願いする予定でおります。
有り難いことに行政のバックアップはありますが、もとから貧乏な家族会には施設再建はなかなかの負担です。
もし河童さまのお気持ちが変わらなければ、そちらにご協力ください。
私自身は、みな様の慰め・励ましの言葉で本当に力が出せました。辛さを分かって励ましてくださる人がいるってことは、土壇場で支えになります。
さて、流失した作業所のメンバーと職員は、とりあえずの間借りで茶話会をしています。一方で貸し物件探しです。元の作業所付近は「怖くて嫌」で海から離れたいそうです。

4325: 作業所流失  From: thorn  on 11/04/01 21:26:32
画像掲示板に「みどり工房若林」の跡地の写真を貼ってきました。
2階建ての家屋が跡形も無し。多賀城史跡のように礎石しかありません。
津波のすさまじさが想像されます。
4325:  From: 如月 on 11/04/02 08:39:20
本当はこういう建物だったんですね。
https://www.city.sendai.jp/kenkou/shougai/heartpage/c0521.html
心のよりどころにしている方も多かったことと思います。
なんとか復活できないものでしょうか・・・

4326: 石越病院/なごみの里サポートセンター情報  From: 如月  on 11/04/02 15:33:56
■石越病院
 現在、通常通り診療。他病院受診困難な方の一時的な診療も行っています。
 ただ、被災した恵愛病院の入院患者さまを20名以上お引き受けしており、
 誠に申し訳ありませんが、入院診療のご希望には添えない場合があります。
 なお、病院売店では、おにぎりやパスタなどの軽食のほか、
 パンやデザートの販売を開始しました。
 
<病院デイケア>
 通常のプログラムにて行っております。

<病院作業療法>
 4/4より通常スケジュールにて行います。

■なごみの里サポートセンター
<相談支援事業ポレポレ>
 現在、通常通りのサービスを行っています。
 特に精神科的な治療や受薬に困っている方への相談支援に力を入れています。
 また、4/1より相談業務のサポートシステム「ミラクルQ」を導入。
 現在、ソフトと格闘中です。

<就労支援施設すてっぷ>
 クリーニングは通常通り。
 宅配弁当は4/4より近隣を中心に復活予定。
 喫茶「ベル・エキップ」は、4/11をめどに新装開店予定です。
 病院売店の運営を開始したことにより、これからは売店の臨時休業が原則なくなります。

<入所施設すけっとホーム>
 現在、ケアホームの入浴は週二回となっております。
 ショートステイも提供しております。
 また、GHには女性の空きがありますので、ご利用を検討しようとお考えの場合、
 地元の行政や相談支援事業→相談支援事業ポレポレ→すけっとホーム
 という流れでご相談なさるとスムーズな利用がしやすいと思います。
4326:  From: 如月 on 11/04/02 22:55:30
<栗原市東部地域活動支援センターたんぽぽ>
3月28日より9:00〜15:30に時間短縮して開所中。
メンバーは皆無事です。
4326:  From: 石山 勲 on 11/04/02 23:10:20
皆さん、お元気で何よりです。
私はちょっとしたトラブルに巻き込まれて、救急車で運ばれ、外科で20針以上、縫合して貰いました。
でも、それによって、母が安定してきました。やはり、親子ですね。
4326:  From: thorn on 11/04/06 19:49:35
石山さま
事情は分かりませんが、大けがですね。
でもお母様がわが身を忘れて石山さんを心配する状態に変化されて良かった。でも、大変でしたね。

4327: 石巻の恵愛病院に関するお問い合わせ先  From: 如月  on 11/04/03 22:08:19
石越病院では合計21名の入院患者様を受け入れました。
そのほか、県内数カ所の病院にて入院患者様の受け入れを行っております。
個人情報のため、受け入れた方々のお名前は公表できませんが、患者様や職員の皆様の安否や居場所を確認なさりたい方のために、恵愛病院に関するお問い合わせ先をこちらに掲載させて頂きます。

医療法人社団仁明会 齋藤病院
TEL:0225-96-3251 FAX:0225-96-9427
4327:  From: 変酋長S on 11/04/03 23:06:49
【補足】4月1日の当院ならびに介護施設への移送をもって恵愛
病院の入院患者さんはいなくなりました。職員は残務処理のた
めに病院にいるようですが固定電話回線が不調のようです。恵
愛病院関係者が斎藤病院にいるようですので、恵愛病院に繋が
らない場合にはお問い合わせ下さい。
4327:  From: 如月 on 11/04/03 23:54:35
こちらに関連記事がありました。
読売新聞のようですね。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=38307

これは、サンデー毎日の記事だそうです。
http://blog.goo.ne.jp/sunsetrubdown21_2010/e/15d3bcabe377ea6cb6d8235df27d305a

支援物資を届けに行かれた方のブログ
http://yuukinougyou100.blog35.fc2.com/
4327:  From: 変酋長S on 11/04/04 07:58:17
【恵愛病院患者受け入れまでのドキュメント】
3月14日 携帯メール機能復旧、宮精協(宮城県精神科病院協会)会長ならびに事務局長(安田病院)に当院の状況報告ならびに他病院の報告を受け、この時点で恵愛の惨状を知る。安田病院固定電話回復、当院は不能。
直ちに恵愛の患者さん受け入れを事務局長に返信。
3月16日 AM6:24事務局長より県が動かないので本日直接現地に向かうので出来るだけ受け入れて欲しいと携帯メールあり。
PM1時頃 県の方から受け入れ数について確認有り、用意できた寝具数から13名受け入れを連絡。当院固定電話復旧する。
PM3時頃 県からこれよりバスで出発するとの電話連絡有り。
PM7時  バス到着、独歩可能は数名で殆ど車椅子の患者さんのため当日の受け入れ病室を大幅変更(エレベータ使用不能のため)。
3月17日 1階から3階まで患者さんを同行した恵愛看護者の意見も聞きながら再配置、ただこの時点で一般病室で対応不可能の方3名が隔離室に入室。今後については残った40名で頑張るとのことで、当院としては転院した患者さんの治療に専念する。
3月30日 午前に病院を閉鎖するので出来るだけ受け入れて欲しいと院長より依頼あり。病棟状況から8名の受け入れを伝える。4月 1日 10時過ぎ残り8名到着、最後の方であり精神状態は落ち着いている方が大半であった。

早い段階で衛星携帯で一方的に窮状を訴えることが出来た病院がありましたが、大半の病院は携帯・固定とも使用不能が続き混乱していました。 
4327:  From: かっちママ on 11/04/06 08:42:09
おはようございます。
今、新聞の記事を読んで本当にすごい惨状の中、患者さんたちのために職員さんが奮闘したことがよくわかりました。

津波の恐ろしさを改めて実感しています・・
変酋長Sさま、如月さま、そろそろ疲れが出る頃だと思います。
これはマラソンと同じだと思います。
まだまだ忍耐してよいペースを保って走りましょう^^
4327:  From: thorn on 11/04/06 19:53:13
恵愛病院スタッフの文字通り懸命の患者さん救出保護、また石越病院の、自らも災害で大きな被害を受けながら、できうる限りの支援を続けようとする社会的使命感に、深く頭を下げます。
1000年に1度の災害であっても、今生きている者にとっては、ここが命の分かれ目です。

4329: (無題)  From: thorn  on 11/04/08 01:42:12
深夜の震度6の地震。
石越病院のみな様はご無事でしょうか?
4329:  From: 如月 on 11/04/08 12:26:29
ご心配おかけしています。
とりあえず、石越病院とサポートセンターの利用者・スタッフは無事です。
なお、現在停電中で、水道も止まっています。

4333: 石越病院/なごみの里サポートセンター情報  From: 如月  on 11/04/16 09:11:06
■石越病院
 現在、通常通り診療。他病院受診困難な方の一時的な診療も引き続き行っています。
 
<病院デイケア>
 通常のプログラムに戻りました。

<病院作業療法>
 通常スケジュールにて行っています。

■なごみの里サポートセンター
<相談支援事業ポレポレ>
 現在、通常通りのサービスを行っています。
 相談業務ソフトと格闘中ですが、停電やネット環境の復旧が遅れると、その後の入力作業に忙殺されることが課題。。(涙)

<就労支援施設すてっぷ>
 クリーニング・高齢者や近隣の宅配弁当は通常通り。
 南方庁舎での昼食販売は当分見合わせ。
 喫茶「ベル・エキップ」は、リニューアル限定メニューで再開しました。

<入所施設すけっとホーム>
 現在、ケアホームの入浴は週二回となっております。
 ショートステイも提供しております。
 ケアホーム入居には震災による緊急性なども考慮に入れた優先順位があり、必ずしもご期待に添えるものでないことをご理解下さい。
 また、GHには女性の空きがあります。
 いずれもご利用をお考えの場合、
 地元の行政や相談支援事業→相談支援事業ポレポレ→すけっとホーム
 という流れでご相談なさるとスムーズな利用がしやすいと思います。

4330: 地震の被害について  From: 変酋長S  on 11/04/08 09:10:06
昨夜の地震では建物被害はなく、備品の損傷や建物周囲のアスファルトの亀裂・陥没の拡大程度でした。本日も通常業務を行う予定ですが調剤薬局では粉末の調剤が不能、また日数は本日は2週間と依頼されました。
尚、今回は地震の周期が短いためか被害が大きいようです。現在停電中であり、出勤した職員の話では道路や建物に結構被害が出ているようです(登米・栗原地域)。

また状況に変化があればご報告します。
4330:  From: 如月 on 11/04/08 12:33:58
サポートセンターの方は基礎部分に亀裂が入っていますが、今のところさしたる不都合はありません。
ただ、電気と水道の復旧がいつになるか心配です。
前回の尾揺れとは方向月違うこともあってか、被害の程度も違います。
道路のマンホールが数十冦患しているところを結構見かけました。
スーパーなどは長蛇の列。
ガソリンスタンドは閉まっていたりと、先月の状態が再現されているかのようです。
4330:  From: 如月 on 11/04/08 12:43:28
前回の地震では、かろうじて住める状態だった家も、今度の余震でかなり危なくなっている所が出てきているようです。
ポレポレの登録者など、状況が解っている方については、緊急避難的にグループホームやケアホームでの受け入れを始めました。
4330:  From: 変酋長S on 11/04/10 08:47:33
4月9日夕方停電は回復しました。このため11日以降の外来は通常に行う予定です。
4330:  From: 如月 on 11/04/10 17:16:06
4月10日午後、サポートセンターの水道は復旧したようです。
ただ、復旧してもしばらくは供給が不安定であり、濁り水などが出るため、クリーニング作業にはしばらく支障が出るものと思われます。
なお、サポートセンターと目と鼻の先の石越病院や住宅は断水したまま・・・。
あとしばらく給水車のお世話になりそうです。
4330:  From: thorn on 11/04/11 13:48:17
病院の断水が長引くのは困りますね。
仙台でも、4/7の深夜の地震で家屋が被害を受け、サービス提供ができなくなったグループホームがあり、私どもも入居者1名を受けいれました。
事業者仲間が残り3名の受け入れのために、グループホームを新設する予定です。宮城県の沿岸部にも、避難所から帰る家を失った精神障害者の方がたくさんいる状態だそうです。
4330:  From: 如月 on 11/04/11 18:26:20
とりあえず水は出ましたが、地域にはまだまだ断水したままのところもあり、今後の余震によっては予断を許しません。
さて、仙台の情報、ありがとうございます。
グループホームを新設しようという動き、頼もしいです!
今後、被災した在宅の精神障がい者の方々も含め、住居を中心としたニーズがふえてくるでしょう。

現在,石巻祥心会では,石巻市の被災者相談会において,被災した障害者の相談受付を実施中だそうです。
これは、気仙沼圏域なども同様のようです。
県障害福祉課でも、各圏域を回って状況の把握や今後の対応について、精力的に動いています。
くじけず、自分たちのできることを精一杯やっていきましょう。
4330:  From: 河童 on 11/04/13 00:09:13
水道止まったり、電気止まったり、
まったくのところ、お気の毒にとしか言えません(-_-;)

大きな余震が続いていますね。
なんだか震度5弱程度のものには動じなくなった自分が怖いです。
4330:  From: 如月 on 11/04/15 22:00:13
許せないのは、亡くなった方からまで金目の物を盗んだりする輩がいるって事です。
津波に車を流された職員は、車は見つかったものの財布等は消えていたとか。
先日の余震で被災した近隣の障害者施設では、自家発電機を盗まれたそうです。
非常時には人間の本性がむき出しなるんでしょうか。
情けない限りです。
4330:  From: 変酋長S on 11/04/17 18:38:47
停電に懲りたので自家発電機を購入しました。届いたのが4月6日、早速ガソリンも購入して準備・・・。
地震・停電を呼んだのはおまえだと怒られた(泣)。
4330:  From: thorn on 11/04/17 23:46:26
変酋長Sさま
超能力もお持ちとは存じませんでした。
宮城県沖地震は終わったのか否か・・・未だはっきりしませんね。
日本地底のナマズさんに、大人しくするようおつたえください。
4330:  From: 雪城弥生 on 11/04/18 00:31:16
トップページの「当院における震災対応ドキュメント」を
拝読致しました。
本当に被災現場は悲惨な状況なのですね。
改めて認識させられました…。
どさくさにまぎれて、大地震の義援金をうたったオレオレ詐欺も
横行しているとのことです。
ただでさえ、心が折れそうな時に、
許せないヤカラがいるものです。
皆様、どうぞくじけずに、希望を捨てないでほしいと
願っています!!
4330:  From: 如月 on 11/04/19 00:43:13
>地震・停電を呼んだのはおまえだと怒られた(泣)。

少なくとも今回、私はスカートをはいたり、厚化粧をしたりはしておりませんぞ(苦笑)。

4334: 石越病院/なごみの里サポートセンター情報  From: 如月  on 11/04/23 08:47:07
■石越病院
 外来・デイケア・作業療法 いずれも通常通りに戻っています。
 入院については、相変わらずオーバーベッド状態ですが、退院者もおり、徐々に緩和されてきています。
 ただ、震災などの影響で地域生活の基盤の脆弱化が進んでおり、今後、更に医療ニーズに関する動きがあるような気がします。 

■なごみの里サポートセンター

<相談支援事業ポレポレ>
 通常通りのサービスを行っています。
 また、医療機関や被災者のケアにあたっている保健師と連携しながら、地域生活の基盤を整えるために駆け回っています。

<就労支援施設すてっぷ>
 ほぼ通常通りですが、南方庁舎での昼食販売は中断しています。
 喫茶「ベル・エキップ」では、自家製ケーキのテイクアウト始めています。
 病院売店、在庫一掃セール開催中。

<すけっとホーム>
・グループホーム
 女性用GHに空きがあります。

・ケアホーム
 被災して生活の場を失った方の受け皿となっており、現在、入居待ちの状態になっています。

・ショートステイ
 空き状況については都度ご確認下さい。
 被災した方や、震災によるストレスから利用を希望する方も増えており、ご希望に添えない時もございます。  

<栗原市東部地域活動支援センター>
 通常通り。

 地元の行政や相談支援事業→相談支援事業ポレポレ→すけっとホーム
 という流れでご相談なさるとスムーズな利用がしやすいと思います。
4334:  From: 如月 on 11/04/26 00:06:55
今、必要と感じているのはケアホームです。
今までかろうじて地域で生活していた方々が、震災のために住居を失ったり、避難所暮らしのストレスから体調を崩したり、服薬の中断や自己管理に課題があったりと、様々な理由から、福祉的生活の場を必要としているようです。
しかし、肝心な事業所も物件も不足しています。

どこかに良い物件はありませんかねぇ。。(嘆)
4334:  From: thorn on 11/04/26 23:55:34
今回の震災によるケアホームの必要はいうまでもないのですが、精神障害の方も団塊の世代がもっとも多く、還暦を迎えたその年代が、ケアホームを求めるのは自然のながれ。絶対量の不足を打開するのは障害者福祉にも老人介護並の給付金を出すような制度改革が必要なのでは・・・。
4334:  From: 河童 on 11/04/27 00:25:33
>精神障害の方も団塊の世代がもっとも多く、還暦を迎えたその年代が、ケアホームを求めるのは自然のながれ。

知らなかった。
でも情報として納得は出来る。
4334:  From: 如月 on 11/04/27 01:14:25
実は、そうなんですよ。
うちのケアホームは、福祉ホームB型だった時代から、介護保険までの待機場所という側面がありました。
高齢化によってグループホームではしんどくなってきた方の移住先にもなっており、うちの年報をご覧になって頂くと解るんですが、ケアホームは入居者の年齢構成が二極化する傾向にあります。
かろうじて地域生活を行ってきたけど震災を機にケアホームに移ろうという方の年齢は、奇しくも還暦周辺がほとんど。

また、障がい者福祉における給付額の低さは介護保険の比ではありませんよね。
その上、障害者施設に入所している人は、老人のデイサービスを利用する方が適切であっても、障害者の通所施設や精神科デイケア等しか利用出来ません。
介護保険と自立支援法の統合の是非はさておき、制度の柔軟な適応ができないものでしょうかねぇ。。

4335: 届きました〜  From: かっちママ  on 11/04/26 18:15:17
「あしたへ」春号届きました。
ありがとうございました♪
歯痛の手のツボその昔に誰かに教えられてか〜疲れたとき、ここ押してました。
肩こりにも効くんですね^^

仙台は桜が散り始めています。
今年はゆっくりお花見はできなかったけど、車で通りすがりであちこちのきれいな桜を眺めては〜癒されてました。
石越もそろそろ満開でしょうか?
4335:  From: thorn on 11/04/26 20:57:29
thornめにも届きました。ありがとうございます。
私は「患者さんと家族のこころ〜病気・治療を受け入れる」の章が心に残りました。精神科治療の原点でもあり、永遠の課題となるような気がします。
・・・大学病院の桜もすっかり葉桜になりました。
4335:  From: 河童 on 11/04/27 00:38:31
うちにも届きましたよ♪

なんだか、いつもと違う雰囲気の作りで、あれっと思って読みました。
「こころの栄養・精神科病院の食事」の記事も、私には興味深かったです。
通常の在宅生活でも食事はとても大事で、
一人暮らしで、食生活がおろそかで、そのため身体疾病を発症して、
その結果が精神疾患をも悪化させるという事例もままあります。
我が施設では、お握り2個買うより安い「賄い食」を提供していて、メンバーには食生活の大切さをアピールしています。
4335:  From: 如月 on 11/04/27 01:37:15
お知らせありがとうございます。
「あしたへ」は、年度替わりのたびにリニューアルしているんですよね。
次回夏号は、災害を念頭に置いた内容になる予定です。
「こころのケアや精神障害者の課題・問題は、時が経つとともに大きくなっていくものだと思います。ある意味、被災地への関心が薄れていく中で、問題が深刻化していくのではないでしょうか。(以下略)」という出版側の思いを伺いました。

こちらの桜は、今を盛りと咲いております。
花はこころの食べ物。
枯れ木に花を咲かせるという、復興のイメージと重なるような花咲かじいさんの話を思い出しました。
4335:  From: ゆうは on 11/04/27 07:25:57
こちらにも届きました。
こんな中でちゃんと発送して頂き驚いています
ありがとうございました(ぺこり)
4335:  From: 如月 on 11/04/29 00:40:12
実のところ、自分たちよりも遙かに大変な思いをしているところや、甚大な被害を被ったところはたくさんあるんですよね。
ちょっとの支援や頑張りで元気を取り戻せるところは、一日も早く元気になって、支援される側から支援する側に回らなければ、と思っています。
今後ともよろしくおねがいします。

4328: 被災地周辺の精神科医療・保健・福祉に関する情報  From: 如月  on 11/04/04 22:37:47
被災地精神科病院http://assertivecommunitytreatment.jp/ph/

被災地地域精神保健福祉活動http://www.comhbo.net/cr/

それから、社団法人日本精神科看護技術協会(日精看)に派遣チームのレポートなども掲載されています。
http://www.jpna.or.jp/index.html
4328:  From: 如月 on 11/05/25 08:34:36
被害が軽微だったところから通常通りに回復してきていますが、まだまだ大変なところはたくさんあります。

このスレッド、上げときますね。
4328:  From: thorn on 11/05/25 14:40:19
如月さま
被災地精神科病院・被災地地域精神保健福祉活動も3月中旬の情報が多いですね。当時は地震の直接被害を免れたところも、薬・食糧・ガソリン等の生活物資が枯渇し、ライフラインも復旧せず、希望の持てる救済計画・情報もなく、肉体的にも精神的にも消耗し切って、意地と祈りで、仕事していましたね。
建物等に大きな被害を被った病院や施設は、非常体制をとりつつこれからが再建の時期となります。廃院になった病院や廃業した福祉施設も出ていて、精神障碍者の地域生活に必要な社会資源の再構築には時間と努力が必要でしょう。
4328:  From: 如月 on 11/06/01 21:01:07
未だに各地で大変な思いをしている方々に比べたら、私たちのところなど被災したなどと言うのは実におこがましい状況です。
心のケアチームも縮小や撤収をはじめている今、被害が軽微だったところは一日も早く元気になって、支援する側に回らねば・・・と思っています。
閉院している病院の中には、再開に向けて動き始めたところもあると聞いていますよ♪

4339: (無題)  From: katou  on 11/05/31 22:08:05
心のピアサポート相談電話を開始いたします。

☆★ 主催 心のネットワークみやぎ・宮城精神しょぅがい者団体連絡会議(宮精連)  精神しょうがい当事者による電話相談

月〜土 10時〜午後4まで

022−308−6067

二年間位の予定でやります
この事業は[Npo法人 ゆめ風基金]さまの協力でやります。

居場所作りも共にやって行きます。


4339:  From: thorn on 11/06/01 19:36:14
「心のネットワークみやぎ」さま
「ゆめ風基金」からの助成金で事務所を借りられたことはウワサで聞いていました。これで、活動の部屋がようやく確保できたのですね。仙台市で最も早くから活動している当事者団体でありながら、これまで、ほとんど中心メンバーの持ち出しで活動している状態でしたものね。これからのさらなる活動を願って、お祝い、申し上げます。
4339:  From: 如月 on 11/06/01 21:03:05
お知らせありがとうございます。
お互い、立場は違っても、みんなの幸せを願う思いに変わりはありません。
今後のご活躍に期待しております!

4340: お知らせです♪  From: かっちママ  on 11/06/03 08:44:45
よく降りましたね〜
もう当分、雨はいらないよ〜〜って感じですが^^;

さて、今年も6月5日とっておきの音楽祭があります。
こんな時だかこそ、たくさんの笑顔と歌声にパワーをもらいたいですね〜
かっちもザ・せんだい組でステージ発表あります。
時間は13:25〜県民会館となりの仙台定禅寺ビル前です。
時間のある方はぜひ、観に来てください^^

ちなみに〜〜かっちは、黄色のバンダナチームです。
今年は何を歌うのかな〜〜楽しみに♪
4340:  From: 如月 on 11/06/05 00:41:22
おお!
今回は残念ながら精神科救急に当たっていて行けませんが、
後ほどの画像とご報告を楽しみに待っております!!
ご用とお急ぎでない方は、是非、行ってみて下さい。

ホント、こんな時だからこそ、思いっきり暗い気持ちを吹き飛ばしたいですね。
テレビも要チェック。
4340:  From: かっちママ on 11/06/06 08:33:38
おはようございます。
報告遅れました〜

昨日は天気にも恵まれ、たくさんのステージを見たり、聞いたり楽しんできました。
かっちも、もちろんのりのり〜〜楽しい一日でした♪

今日は、疲れも見せず、かっちは作業所に行きましたが、私は暑き疲れて足が痛いですわ・・・(^^;
4340:  From: 如月 on 11/06/06 22:58:43
おっ
きましたね〜♪

好天にも恵まれ、素敵な一日だったようですね。
皆様、画像掲示板にGO!

4341: 訃報  From: 如月  on 11/06/24 13:12:55
宮城県北部、特に栗原における活発な訪問を中心とした地域精神保健活動を推進し、
全国にも名をはせた先駆的な保健師のお一人、
石川紀代子さんが、6月22日午後2時48分、逝去されました。

宮城県初の当事者会「めざめの会」が栗原で誕生したのも、
石川さんの存在が大きかったと伺っております。
県職を辞した後も、地域の精神保健福祉活動を陰から支えてこられました。
晩年には体調を崩され、栗原市のご自宅を私たちに託して、
闘病生活を送ることとなりました。
このご自宅が、現在のグループホーム「めざめハイツ」です。

もう一度お目にかかりたかったのですが、それも叶わぬこととなりました。

今では石川さんを知る保健師も少なくなり、宮城の地域保健活動も様変わりしていますが、
地域で障がい者に寄り添いながらの活動の灯は、
これからも守り続けたい大切な宝だと思っています。
4341:  From: 石山 勲 on 11/06/24 20:01:09
謹んで、石川さんのご冥福を心より祈念致します。
4341:  From: ゆうは on 11/06/25 07:39:50
謹んで、石川さんのご冥福をお祈りいたします。
4341:  From: katou on 11/06/26 22:49:43
めざめの会も40年位かと思いますが石川さんの存在ははすごかったと思います。保険師さんが当事者の声を聞きながら育って来たのは栗原に多くの力のある保険師さんが育ってきたのかと思います。
めざめの会の存在はすごく大きかったように今でも感じています当事者の声を聞きながらの活動も前と比べたら少なくなって来たように感じてきました、前ですと保険師の訪問も多く、悩み、辛さも聞いてくれたのですが、今は訪問も無に等しくなり、国の方針として相談事業になり、入り口が一つになってしまいました、(ここの市の場合)地域で障がい者に寄り添いながらの活動の灯は、これからも守り続けたい大切な宝だと私も思っていますし、石川さんの初心の心は大事にして行きたいとも考えています。謹んで、石川さんのご冥福を心より祈念致します。


4341:  From: 河童 on 11/06/28 00:30:29
その地域で、かけがえのないご活躍をなさった方って、いらっしゃるのですよね。
そういう方のご努力が牽引車となって、その地域の精神保健福祉が前進するってこと、あるのですよね。

ご自宅を託されたということは、それだけ如月さんの活動の将来に期待されたということでしょう。
嬉しいことですね。

身を引き締めてこれからも頑張ることが、その方への供養ですよね。
頑張るべ。
4341:  From: thorn on 11/06/28 01:26:24
thornめは、10年前に、めざめの会のショップでお目に掛かったのが初めで最後となりました。和光同塵とは彼女のような方を言うのですね。制度も整わない時代から、長い長い真摯な活動をありがとうございます。どうぞ、ゆっくりお休みください。
4341:  From: 如月 on 11/06/28 17:55:21
震災の後、「めざめハイツ」のメンバーと建物の被災状況をものすごく心配しておられたと伺い、慌ててお手紙を差し上げました。すでにご自身でお読みになる事は難しくなっていたため、ご家族が読んで聞かせてくださったそうです。

お葬式では、めざめの会とめざめハイツの弔電が披露されました。
地域で生活する方々の将来を心配し、「めざめの家がほしい」とずっと考えておられたと聞きます。いつかご自身の家をGHに、と思っていらしたとも聞きました。

二年前に頂いた歌集の中に、遺書のようなあとがきとともに
「障がい者リハビリのため役立てんわが古家を友に託せり」
をはじめとする石川さんの思いの詰まった歌を見つけたときの衝撃。。
守るべきものの重さに戸惑いつつ、自分たちに託された思いをかみしめています。

石川さん、どうか見守っていて下さい。
4341:  From: 河童 on 11/06/28 23:09:01
「障がい者リハビリのため役立てんわが古家を友に託せり」
如月さんは、すごい言葉をもらいましたねぇ〜。

如月さんの足元にも及ばないと思いますが、
私も私の立場で私の出来ることを(ヘタレになってますが)頑張ります。
それが、思いを託して逝った方たちへの、その思いを知った私たちの感謝の気持ちかと思います。
4341:  From: 如月 on 11/06/30 19:11:19
ともに頑張りましょう!
4341:  From: 如月 on 11/07/12 08:40:19
>国の方針として相談事業になり、入り口が一つになってしまいました

誤解されている方は行政にも多いのですが、保健師(保健)と相談支援事業(福祉)の訪問や相談は、重なる部分はあっても厳密には違いがあり、これらを同時に提供することはいっこうにかまわないはずです。
4341:  From: katou on 11/07/15 23:48:03
私も重なって良いのではと思っています。
前の保健師さんは良く悩みも聴いてくれましたがね。
そのような保健師は少なくなりつつあります、相談支援の方に電話してあげると直ぐに言います、何も考えなく、アイデアもなく直ぐに投げ出してしまいます。
また、話していると直ぐに直球を投げ帰す保健師が多くなったし、保健師だけでなく支援者にもそのような人たちが見られるように感じています。
話し合いながら作り上げるのが良いと私は思っていますし解決するにも常に支援してもらう人と支援される側が一緒にやるのが一番と思っています、今回のてんかんの電話相談にもその形を入れて何例かの人の解決をしました。会える人には会って話しを聞きサポートをして来ました、私がサポートしてもらって良かったと思う形のサポートをして来ました。てんかん協会の電話相談も六月十四日に引き上げて九月まで協会本部で電話相談を続けてもらっています。九月からどのような形かでここから相談に乗りたいと代表と話し合って言います。
相談件数は一ヶ月に100を超えて全部で250を超えました。

今、精神の心のピアサポート電話相談を続けて行っています、

4342: 障害保健福祉関係主管課長会議  From: 如月  on 11/06/30 20:27:01
が、本日行われました。
詳しい資料などは、見つけ次第upします。
4342:  From: 如月 on 11/06/30 21:43:24
6/22時点における相談支援に関する暫定的な内容は以下の通りでした。
http://gshien-saishin.up.seesaa.net/image/24E5B9B44E69C88E694B9E6ADA3E58685E5AEB9EFBC88E79BB8E8AB87E694AFE68FB4E996A2E980A3EFBC89110626.pdf

なお、これはあくまで暫定的な内容(案)であり正式な者は今日明日中にもネットに上がってくると思われますので、要チェック。
4342:  From: thorn on 11/07/01 00:22:07
如月さま
6月30日に主管課長会議が行われるということで、わくわく(?)しつつ、待っております。私としては、既に計画破綻が明かな社会的入院者の地域生活移行について、どんな考え方を厚生労働省が示すかを見守っています。
4342:  From: 如月 on 11/07/01 20:36:01
厚労省サイトにupされました。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigi_shiryou/
4342:  From: thorn on 11/07/03 16:45:17
残念ながら、精神障害者の社会的入院の解消についての文言はなく、(おそらく知的障害者の)施設入所者の地域生活移行について、既に平成23年度末の目標地値を上回っていると自画自賛しているようですね。総数ではるかに多い社会的入院者のうち10万人を地域生活に移行させる施策の反省や見直しは観られません。今年の夏も暑いぞ!!
4342:  From: 如月 on 11/07/16 18:22:08
どちらかというと、相談支援の在り方が大きく変わるようです。地域移行・定着はそれが整備されてから、ということなのでしょうか。
今月、県で説明会が開催される予定です。
4342:  From: 如月 on 11/07/16 18:30:47
http://www.kaigoseido.net/topF.htm
これをどう考えたらよいか?
第郡障害福祉計画策定とともに、行政にとっても難しい課題となりそうです。
4342:  From: 団長 on 11/07/17 00:27:23
そんなに気にする必要ないんじゃないかなと思っている。
昔、一応相談支援事業所で働いていた頃から、こう変わる等々、多々言われ
どうするかと職場で考えていたものの、数年たった今でも結局ほとんど変わ
っていないから。

まぁ、変わったところで余計な事務が増えるだけで、相談を受け共に考え見
いだしていくという一番大事な部分は変わらない。

指定の所での実務経験期間が短いから、何の立場にもなれないんだよね。
畑違いの実務経験でなったサービス管理責任者とかより、経験も知識も
あるんだけどね。昔の似たような立場の研修は受けたよ。実務経験の制限とか
なかったから。

でも、今も相談を受ける仕事をほんの少しやっている。
法とかシステムなんかは、正式に決まったらそれにそれなりに対応すればよくて
そんなことに無駄な労力を使わず、大事なのは、今自分のいる持ち場で最善を
尽くすことではないかなと思っている。明日の事なんて誰も分からないのだから。
4342:  From: 如月 on 11/07/17 20:22:47
う〜む、地域によってもかなり状況は違いますからねぇ。。

それはそうと団長さん
震災時には、停電やネット環境の問題などが重なり情報をお伝えすることができずにいた私どもの代わりに
いち早く石越周辺の情報を書き込んで下さりありがとうございました。
本当に助かりましたよ♪

4345: 〜心のピアサポート相談電話〜  From: 如月  on 11/07/17 20:26:27
以前katouさんがお知らせ下さったので、改めてご紹介しますね。

☆★ 主催 心のネットワークみやぎ・宮城精神しょぅがい者団体連絡会議(宮精連)
  精神しょうがい当事者による電話相談

 月〜土 10時〜午後4まで

 022−308−6067

この事業は[Npo法人 ゆめ風基金]さまの協力で行われています。
4345:  From: thorn on 11/08/01 18:31:59
私の勤めるNPO法人みどり会でも、若林作業所再建のために、「ゆめ風基金」さまから多額の義援金を頂戴しました。この場を借りて、御礼申し上げます。
4345:  From: thorn on 11/08/01 19:19:32
連続投稿ですみません。
私どものみどり会報震災1号・震災2号http://ito-kikaku.kir.jp/midorikai/に義捐金をいただいた方のお名前を掲載させていただきました。ありがとうございます。
なお、1号2号とも原稿間違いがあり、「4月12日サトウミツエ様 30,000円」は誤りで、正しくは「4月12日 サイトウミツエ様 100,000円」です。サイトウ様、申し訳ありません。
なお、このアドレスの記事は、団長さんに作ってもらいました。団長さん、ありがとう。
4345:  From: 如月 on 11/08/03 08:03:24

今年の宮城県精神保健福祉大会の研究協議会では、心のピアサポート相談電話の試みや、若林作業所のお話などをご提供頂けるらしいと伺っています。

宮城県精神保健福祉大会の開催日は11月15日の予定だそうです。

4343: 今年もやります!夏祭り20101!!  From: 如月  on 11/07/12 08:46:07
震災の復興を祈り、例年よりやや規模は縮小するかもしれませんが、今年も夏祭りを開催します。

 日時 8月11日(木)
    18:00〜20:00

 場所 石越病院グラウンド

 出演予定 栗原秀峰会よさこい同好会
      清水バンド
      若柳・石越民謡同好会

 入場は無料です。
   
4343:  From: 如月 on 11/07/17 20:35:53
〜当日の予定を少々ご紹介致します〜

縁日コーナー)
  ・ヨーヨーつり
  ・玉入れ

屋台コーナー)・・・食券をお渡しする予定です
  ・焼きそば
  ・かき氷
  ・スイカ
  ・ジュース

ステージパフォーマンス開始予定時刻)
 ・栗原秀峰会のよさこい 18:10頃
 ・清水バンド      18:30頃
 ・民謡同好会      19:00頃
4343:  From: 団長 on 11/07/30 00:30:22
とある用事で近くを通りました。
(あるところから県道4号を若柳金成ICまで〜仙台)
夜だったのでハッキリとは分かりませんでしたが、石越周辺は建物等に極端に大きな
被害があるところは少なそうで何よりです。

仙台市内は内陸部でも、未だ押せば崩れそうな家屋がまだそのままの地域もあります。
そういった所と沿岸部以外はほぼ復旧した状態です。
4343:  From: 如月 on 11/07/31 10:12:40
あれからまもなく5ヶ月。
こちらもおかげさまでだいぶ復旧しました。

地震発生直後は、出先から戻る途中でのうちの職員が停車したところ、目の前に建っていた家が突然倒壊するのを目撃するなど、あちこちで倒壊や倒壊寸前の建物等がありました。
でも、おっしゃる通り、がれきの撤去や危険な物件の取り壊しなどはかなり進んでいますね。
修理すれば住めそうな空き家は、近隣の津波被災地から避難してこられた方々に住んで頂こうと、急ピッチで改修しているようです。
仙台市内の状況も教えて頂きありがとうございます。

未だに続く余震。
如月も、揺れには過敏に反応してしまう毎日です。
4343:  From: thorn on 11/08/01 23:20:12
青森のねぶた祭りも始まり、東北の祭りはこれからが本番。
地震に負けるな。石越の夏祭り!!
4343:  From: 如月 on 11/08/03 13:09:38
はい!
気合いを入れて、地震を吹き飛ばしますぞ!!
4343:  From: thorn on 11/08/05 18:29:57
仙台七夕も前夜祭の花火大会です。石越さんのお祭りも来週に迫りましたね。
4343:  From: かっちママ on 11/08/08 10:04:49
ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはようございます。
七夕も最終日ですね〜
ちょっとだけ街通るので〜通りすがりに楽しみたいと思います^^

しばらく天気もいいみたいなので、石越も盛り上がることでしょう^^
4343:  From: katou on 11/08/10 13:43:00
明日、参加してみますのでよろしく、栗原秀峰会のよさこい
を楽しみにしております、民謡同好会・清水バンドも良いですねなるべく友達も誘って行きますので、それにスターさんにも会いたいし、あの笑顔で元気付けてもらいたいですね。
  
4343:  From: 如月 on 11/08/10 16:10:41
暑さと空模様がいささか心配ですが、
なんとかよいお祭りにしたいと思います。

スターさん、福の神のような笑顔ですものね♪
それでは、お待ちしてます!
4343:  From: 如月 on 11/08/11 21:22:33
無事、盛会のうちに終了しました。
皆様、ご協力ありがとうございます。
本日の来場者数(患者さんや職員を除く)
 大人 144人
 子供  41人

で、今、気がつきました。。(汗)
>夏祭り20101
・・・これ、「2011」の間違いですね。
(って、今更気づいても遅いんですが・・・)
4343:  From: 河童 on 11/08/11 23:53:23
ご盛況だったようで、何よりです。
>夏祭り20101
・・・ま、済んだことでしょうから、悔いても仕方がないのでは(^_^;)

全くの余談ですが、
今年はやたらと雷が多く、我が家のワンコが、
雷が近づくと尻尾を垂れ下げて、まるで気を紛らわすように、敷いてあるカーペットを必死にかきむしっています。
雷から逃げたいとの本能なのでしょうね。
みてると、なんだか、あわれ。
そちらのベル・エルは元気なのかね。
お返事は不要です。書いてみただけ。
4343:  From: katou on 11/08/12 07:11:07
夏祭り天気も良く、沢山の人が集まり盛況でしたね。私も栗原秀峰会のよさこいを遣っている時に到着したのでよさこいも見れましたし、栗原秀峰会の方達にはパワーと元気をもらって来ました
楽しい時を過ごさせてもらい有り難うございました。

私も活動拠点から直接行ったので1人で行ってしまいました、友達の一人と同乗して行きたかったのですがそれが心残りです。後で彼の所に花でも持って行って見る事にします。
ボランティアの方々とも会えましたし、スターさんの笑顔で元気をもらって来ました、如月さんとも話しが出来たし、私が行っている地活センターの実習生の方とも話し合いをやって来ました。私たちがサポートしてもらう人たちは私達が育てていかなければと私は思っていますので・・・
又、これから活動を引き継いでくれる人たちを育てて行かねばと思っています。帰りの運転中に心のネットワークの会長から電話が入り、自宅に着いてから車の中で30分くらい、これからの活動の事と如月さんが言った当事者の声を届けるための活動をどのようにして行くかを色々と話し合いました。また、今年は心のネットワークの大会を行う為、それもどんな形で行なうか今、2人で話し合いながら思案中です。なるべく会員と参加してくれる人たちのの声を良く聞いて遣って行く事にしたいと思っています。


http://kanako.blog.ocn.ne.jp/  ブログ、ピアカウン心のままに


4343:  From: かっちママ on 11/08/12 10:40:54
ほんとだ〜〜
言われてから、私も今、気づきましたし〜〜(^^;

盛り上がればこっちのもんですよ^^
大人も子供も楽しんだことでしょう!

昨夜も地震があったりで、まだ落ち着きませんが〜
そそ、ワンコって雷も花火も苦手が多いですよね。
うちのニャンコは、いつもと変わらずですが、暑くて伸びてますわ^^;
4343:  From: 如月 on 11/08/12 22:54:55
>夏祭り20101
あとの祭りでございます♪
ううっ、自分でオチをつけてしまった。。

で、でも、お祭り自体はkatouさんも書いて下さったように、
本当に良かったんですよ〜。

うちのワンコは、3.11以降、地震と緊急地震速報の音に
過敏に反応して怖がります。
人間も過敏に鳴ってますから、無理もないですね。

4346: 「あしたへ」拝受  From: thorn  on 11/08/05 18:27:47
「あしたへ」2011夏号を送っていただきました。
記事の中では、増田さやか先生の「災害や事故が起きたとき、こころは・・・」が読み応えありました。精神の病気を抱えた方の場合には、予想外に反応が長引いてしまう場合がある。というのも・・・。と言う説明がわかりやすかったのです。「つらい感情は本人以外の人が切り捨てさせるものではなく、本人が卒業していくものだと思います。」という言葉には深い洞察が感じられます。
いつも良い知識に触れる機会をくださって、ありがとうございます。
4346:  From: かっちママ on 11/08/08 10:03:03
私もその記事が役立ちました。
震災後は、自分自身もふと涙がこみ上げてきたり、夜も寝れなかったり・・・
でも、5ヶ月経つ今はいつのまにか、落ちついて、よく眠れるようにもなりました。

一人ひとり、回復も違いますし、家族やすべてのもを失った方の悲しみは、想像以上だと思います。
私も、そういう人に対する言葉をかけるときには、気をつけたいと思いました。
4346:  From: 如月 on 11/08/10 16:07:08
ご感想ありがとうございます。
編集にあたった方のお話では、「今回は震災をイメージして内容を吟味した」とのことでした。
こちらに書いてくださった反響については、出版社にもお届けし、今後の励みや参考にしていただこうと考えております。
4346:  From: 河童 on 11/08/11 23:43:42
こちらのも届きました。有難うございます。
「今回は震災をイメージして内容を吟味した」とのこと、被災地や石越とその周辺を思い浮かべながら、とても読み応えがありました。
thornさんが感想を書いてる「増田さやか先生の「災害や事故が起きたとき、こころは・・・」も、うん、そうだよねと思いつつ読みましたが、私は『「心と体のリラックス・デー」に学ぶ復興への道」』も、とても良かったです。
今回の冊子は読み応えがあり、一気読みしてしまいました。
4346:  From: 如月 on 11/08/12 23:07:43
表紙の向日葵
あれも復興のヒマワリをイメージしているんですよ。
出版社の心遣いがうれしいですね。
4346:  From: ゆうは on 11/08/13 17:20:41
こちらも届きました。
いつもありがとうございます。
thornさんと同じ気持ちです。
今度発行する「くらしたすけあい」で
紹介したいと思います。
4346:  From: 如月 on 11/08/14 08:37:36
ぜひ、ご活用下さいね。
お役に立つ情報を提供することが出来て、
本当にうれしいです。

4347: 恵美ちゃんママへ  From: 如月  on 11/09/08 08:28:59
今回、「あしたへ」を送付したところ、
宛先は空き地であるということで戻ってきました。
今後も送付させて頂ければ、と思っていますので、
よろしければご住所をお知らせ下さいませ。

取り急ぎご連絡まで。

4347:  From: thorn on 11/09/16 15:26:38
如月さま
「当院における震災ドキュメント」http://www.ishikoshi-hp.or.jp/20110311.htmを拝見しました。
ホントに皆さん、がんばられましたねー。
私どもも未だに、物心両面の後始末に追われています。
thornめなど、もう一回やれと言われても、当時の力はもう出ないかも・・・。

恵美ちゃんママさんもどうしていらっしゃるのでしょう。
ご無事を祈ります。
4347:  From: 如月 on 11/09/24 09:10:43
もしかするとPCのデータが吹っ飛んでしまったかもしれません。
前回までは届いていたので、郵便局経由で送ってみます。

thornさん、そちらも大変なご様子ですね。
利用者のためにも、ご自身のためにも、
どうかご自愛なさって下さい。
4347:  From: かっちママ on 11/09/26 08:27:04
ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう
秋晴れのいい天気です。

恵美ちゃんママ、しばらく見てません。
お引越ししたのかな?
AHOO JAPANでも会わなくなって・・・寂しいです。

4348: 今年もやります!なごみの里のお祭り♪  From: 如月  on 11/09/24 08:15:34
恒例となった『なごみの里のお祭り』
今年も開催するはこびとなりました。
お忙しいとは存じますが、皆様にはぜひご来場賜りたく、
ご案内申し上げます。

☆日時 10月22日(土) 10:00〜13:00
☆会場 なごみの里サポートセンター

詳細は追ってお知らせ致します。
4348:  From: 如月 on 11/09/24 18:09:20
今年もよさこいが披露される予定です。
また、今回より、登米・栗原だけでなく、沿岸部の事業所の商品も取り扱いたいと考えております。
4348:  From: かっちママ on 11/09/26 08:28:59
祭りの季節ですね!
準備頑張ってくださいね^^

ちなみにかっちんとこは〜今度の土曜日がイベントです。
おいしいお蕎麦食べに来て欲しいな〜
4348:  From: ゆうは on 11/09/26 10:10:44
お祭りが開催できるなんて
ステキ〜〜〜〜〜(^o^)丿
4348:  From: 如月 on 11/10/01 16:17:32
かっちくんのお店はどうなったかな〜?
こちら、仕事があっていけずじまい。残念。。
い〜や、きっとあとで画像が掲載されるに違いない(期待!)

明日(10/2)は「とっておきの音楽祭inくりはら」です。
http://www1.ocn.ne.jp/~totteoki/
東部地域活動支援センターではよさこいと合唱を披露。
すてっぷでは、コーヒーショップと「絆Tシャツ}販売を行う予定です。
近くの方、ぜひいらして下さいね♪

Tシャツはこれ!限定カラーもあります!!
  ↓
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20110820_19.htm
4348:  From: かっちママ on 11/10/03 17:20:13
そうでしたか〜
2日、仙台では「ウエルフェア」が行われていました。
今年は、かっちは参加できなかったけど〜せんだい組はオープニングを飾りましたよ!

かっちんとこも、お蕎麦も大好評完売でした^^
4348:  From: 河童 on 11/10/04 00:31:59
色々な経緯があってね、
この話題のTシャツが、色違いとサイズ様々で手元にあります♪
私は「うん、それが似合ってる」というオレンジを「も〜らい〜」としました。
ちょっと寒いかもしれないのですが、11月に行われる屋内イベントに、私も施設メンバーもアピールのために着る予定になっています。

実は、8月末に仙台のthornさんの関連施設、津波に流された施設を、その場所まで行って見てきました。
ガレキは撤去されてて、もう何もなかったけど、そのあたり一面が土台だけの家という景色が広がっていて、でもナビは住所で「ここだ」と指すんだよね。
「ここなんだ〜」と思いつつ、なんだか切なかったです。

その後に、現在の施設があるという住所まで行ってみました。
この建物というまでは特定できなかったのですが、
津波に会った地域と、合わなくて済んだ地域と、その差に私は驚いていました。

様々な意味で、とても貴重な経験をさせてもらったと思っています。
4348:  From: 如月 on 11/10/04 18:32:02
早速の画像アップありがとうございます。
いつ見てもほれぼれするような表情ですね♪

如月からも、とっておきの画像、二枚アップしました。
涼しかったので、すてっぷのコーヒーはずいぶん売れたようです。

河童さん、実際に来てみてはじめてわかる部分もあった事と存じます。
なごみのお祭りでも、石巻や気仙沼の障がい者福祉関連事業所の製品などが並ぶ予定です。
4348:  From: thorn on 11/10/05 14:23:11
河童さま
わざわざ施設跡地を見に行ってくださったんですね。ありがとうございます。
thornめも3.11から半年たった8月に訪れました。
壊れた土台基礎のほかはなにもありませんでした。あの辺りはガレキも残さず、月の荒野のように洗い流されてしまったのです。
500M先の海べりには防風林の松がチョボチョボと生え残り、人気のない災害地には警察車両が巡回しているだけ。
失われた工房の跡には、夏のツユクサが一群咲いていました。
夏草や強者どもが夢の跡・・・というか・・・10年前に、利用者も支援者も願いと希望を持って、新たな生活の場を築こうとした拠点だったのですが・・。
4348:  From: 河童 on 11/10/05 23:53:45
thornさん、
その気持ち、あの場所を見て実感しました。
現場に立って「ぅわー・・・こうなったんだ」と思いました。
テレビで見るのではない、実際の実情を見るという、貴重な経験をさせてもらったと思っています。
4348:  From: 変酋長S on 11/10/06 09:41:22
被災地の状況は実際に自分の目で見ないと分からないと思います。ただガレキがあるなしで印象は変わり、2度目の南三陸町訪問では最初の時のようなショックはありませんでした。

ところで今回の災害における通信途絶対策として私と如月はアマチュア無線の資格を取得しました。今のところVHF/UHF帯の無線機(実用交信範囲は仙台あたりまで)しかありませんが、今月末には短波帯の無線設備を導入予定です。そうなると国内どころか海外との交信も可能になると思います。
尚、そのうちに2人のQSLカード(交信証明カード)を画像掲示板でも貼り付けようかと考えています・・・。
4348:  From: thorn on 11/10/06 17:08:22
変酋長sさま
アマチュア無線資格の取得、如月さまともども、おめでとうございます。
東日本大震災では、仙台市でも電話・e\mail・パソコン等の連絡手段がすべて絶たれ、施設間の通信ができなくなりました。その間にラジオからは「若林区では200〜300人の水死体が浮かんでいるという情報があります。」と報道されて、正直、利用者と職員の死亡も覚悟しました。結局、現地の避難所まで歩いて探し、無事を確認できましたが・・。
そこで非常時の通信を確保するために、衛星電話の購入を検討しています。けれども、1台につき30万円の費用がネックになっています。

さて、石越病院さんのアマチュア無線、短波ラジオで入りますか?
4348:  From: 変酋長S on 11/10/06 18:04:52
thornさん
病院協会から衛星携帯を各病院で所有する話もあったのですが本体価格や割高な基本料金、通話料金がネックです。滅多に起こらない大災害のために所有することは躊躇します。

今日のニュースでhttp://www.asahi.com/national/update/1006/NGY201110060002.htmlのような記事があり、アマチュア無線でも活躍できるのではないでしょうか?電波の使用料金は年300円、免許取得や機材購入費用も必要となりますが衛星携帯より実用的な気がします。

尚、通常の短波ラジオでは送信形式や受信帯域が限定されているので難しいと思います。専用受信機を購入するくらいなら免許取得して送受信可能な無線機を購入した方が実用的ではないでしょうか?
4348:  From: 団長 on 11/10/07 00:14:45
アマチュア無線の受信のみならワイドバンドレシ−バーでも良いかと。
1万円台からありますし、防災・消防・救急はもちろん様々な無線を聞くことが出来ま
す。

アマチュア無線受信の場合、VHF帯であれば多少受信環境が悪くても遠方のもの
が聞けますが、UHF帯は外にアンテナ立てないと難しいです。

広域災害時の情報通信には、公共機関や病院等は自ら動かなくてはいけないため受信だ
けではなく、発信が重要となります。

しかし、個人レベルが安否確認程度の為に発信を使うと、アマチュア無線も衛星電話も
パンクします。

個人レベルですべきことは、まず自分のところの安全確保。そしてそれが確保された後
状況に応じて動きが取れるように情報収集・・・とこれが出来るころには役所等に災害
用電話が設置されたり、通常の携帯電話の移動基地局が開設されたりします。

個人レベルが自分が生きるため以上のことをしようとすると、パニックの原因ともなり
ます。買い占めなどがその例の一つ。

個人や規模が小さい組織の場合の備えは共同化することだと思います。
施設系であれば、区ごと・町ごと・地区ごとなどある程度の範囲に一つ共同防災施設を
設置すればよいかと。情報・支援・物資のとりまとめとして機能するもの。

でも縄張り意識がものすごく強いから無理か。ちょっとしたことでも法人超えて動くの
には非常に面倒な業界ですものね・・・となるとやっぱり個人要塞化するしかないの
かな?
4348:  From: thorn on 11/10/07 20:01:04
変酋長Sさま 団長さま
貴重なご意見と情報をありがとうございます。