なごみの里
   サポートセンターだより

”Take off!”

皆様こんにちは♪
ポレポレすけっと隊総長、JUNKOです。

サポートセンターが本格稼働をはじめて3年。開設と同時に自立支援法の洗礼を浴びた私たちは、未だに手探り状態で地域と格闘している。
この宮城の、特に県北部における精神医療や福祉の貧困は、他所の地域の方々には想像できない惨憺たる状況だ。それなのに、みな井の中の蛙状態で、今、地域で何が起ころうとしているのかさえ、知ろうとしない。
オカミの言うことには逆らうなと、唯々諾々と長いものに巻かれるのは、もう、やめにした方がいい。
自分たちで考えようとせず、上の人たちに任せておけばいい、という考え方もやめにした方がいい。
それは、どちらも「無責任」という名前で呼ばれるものだから。

それでは、未来に向かって Take off!!

ご挨拶
当法人では、2003年に病院のすぐそばにある元縫製工場を買い取りました(位置はこちら)。
本当はその年度に福祉ホームB型と通所授産施設を立ち上げる計画でした・・・が、
残念ながら公的予算が付かず頓挫。
しかし、これに生活支援センターを加え、2005年、総合サポートセンター「なごみの里」として
貧困な県北部の精神障害者福祉を少しでも改善したいと立ち上げるに至りました。


地域生活支援センターポレポレ

福祉ホームB型てんまり

通所授産施設すてっぷ